2020年10月14日

令和元年度 技術士第一次試験問題(再) 情報工学部門 V−14

V−14

「システム及びソフトウェア製品の品質要求及び評価 (SQuaRE) −システム及びソフトウェア品質モデル JIS X 25010:2013 (ISO/IEC 25010:2011)」に記述されている製品品質の特性に関する記述のうち、「使用性」の説明として最も適切なものはどれか。

@ 製品やシステムを修正できる有効性や効率性の度合い。

A 人間、製品若しくはシステムが認められた権限に応じたデータアクセスができ、情報及びデータを保護する度合い。

B 有効性、効率性及び満足性をもって目標を達成するために、利用者が製品又はシステムを利用することができる度合い。

C 明示された条件で、システム、製品などが明示された機能を実行できる度合い。

D 明示・暗黙に関わらずニーズを満足させる機能を、製品又はシステムが提供する度合い。





正解

B


解説

JIS X 25010:2013 の「4 用語及び定義 4.2 製品品質モデル」に記載されている。

4.2.1 機能適合性:Dの通り

4.2.2 性能効率性:明記された状態 (条件) で使用する資源の量に関係する性能の度合い。

4.2.3 互換性:同じハードウェア環境又はソフトウェア環境を共有する間、製品、システム又は構成要素が他の製品、システム又は構成要素の情報を交換することができる度合い、及び/又はその要求された機能を実行することができる度合い。

4.2.4 使用性:Bの通り。

4.2.5 信頼性:Cの通り。

4.2.6 セキュリティ:Aの通り。

4.2.7 保守性:@の通り。

4.2.8 移植性:一つのハードウェア、ソフトウェア又は他の運用環境若しくは利用環境からその他の環境に、システム、製品又は構成要素を移すことができる有効性及び効率性の度合い。

タグ:製品品質
posted by ファーストマクロ at 21:49| Comment(0) | R01技術士一次試験[再](情報工学)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: