2020年11月04日

令和元年度 技術士第一次試験問題(再) 情報工学部門 V−34

V−34

TCP/IPに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

@ コネクション型プロトコルであるUDPは、1対多通信であるマルチキャストやブロードキャストなどの利用が期待できる。

A コネクションレス型プロトコルであるTCPは、1対1双方向の信頼できる仮想的な伝送路を提供する。

B ネットワーク層は、OSI参照モデルにおいてプレゼンテーション層とトランスポート層との間に位置する。

C ポート番号は、TCPがアプリケーションプログラムを区別する識別子であって、UDPでは使われない。

D ARPにより解決されたアドレス情報はキャッシュされるが、一定時間が経過すると廃棄される。





正解

D


解説

@ UDPコネクションレス型プロトコルで、1対多通信であるマルチキャストやブロードキャストなどの利用が期待できる。

A TCPは、通信相手とコネクションを確立し、きちんと通信できるかどうか確認する。

B セッション層の記述である。OSI参照モデルは、第7層から順に以下のように構成されている。
 アプリケーション層プレゼンテーション層セッション層
 トランスポート層ネットワーク層データリンク層物理層
強引に「アプセトネデブ」と覚える。

C ポート番号は、TCP/UDP 通信において、アプリケーションプログラム (サービス) を識別するための番号である。

D 正しい。

タグ:TCP/IP
posted by ファーストマクロ at 00:07| Comment(0) | R01技術士一次試験[再](情報工学)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: