2020年11月10日

令和2年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−5

V−5

基本図形A、B、Cを下段左図のように重ねて集合演算し、下段右図の結果を得た。次の集合演算のうち、最も適切な演算はどれか。なお、演算は左から順に行われるものとし、∪は和集合、∩は積集合、−は差集合とする。
令和2年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−5

@ A−B∩C

A A−B∪C

B A∩B∪C

C A∪B∩C

D A∪B∪C





正解

B


解説

画像Aと画像Bに着目すると、互いに交わっていない部分が欠落しているため、演算はA∩Bと分かる。
A∩Bで演算した画像と、図形Cに着目すると、互いに交わっていない部分が残っているため、(A∩B) ∪Cである。
したがって、正解は、A∩B∪Cである。

posted by ファーストマクロ at 20:06| Comment(0) | R02技術士一次試験(情報工学)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: