2020年11月13日

令和2年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−8

V−8

大規模データの分散処理技術であるHadoopで使用する分散ファイルシステムHDFSに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

@ DataNodeの一部が故障しても、ファイルの損失を回避できる。

A 巨大なファイルを扱える。

B シーケンシャルアクセスで高いスループットを出せる。

C 大量の小さなファイルを格納する用途に適している。

D 容量にスケーラビリティがある。





正解

C


解説

@ Hadoopはマスタースレーブ型の構成であり、マスターの役割をするのがNameNode、マスター機の制御下で動作するスレーブの役割をするのが、複数のDataNodeである。

A 適切な記述である。HDFS (adoop Distributed File System) は巨大なファイルを扱える。

B 適切な記述である。HDFSは、シーケンシャルアクセスで高いスループットを出すことができる。

C 不適切である。HDFSは、大きなファイルへのシーケンシャルアクセスに適している。

D 適切な記述である。スケーラビリティは拡張性のことである。

タグ:hadoop
posted by ファーストマクロ at 00:02| Comment(0) | R02技術士一次試験(情報工学)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。