2020年11月15日

令和2年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−10

V−10

次の図は制御フローグラフを表している。各節点は番号で表し、各有向辺は始点の番号mと終点の番号nを用いて (m, n) で表現することにする。すべてのバック辺 (back edge) を示したものとして、最も適切なものはどれか。

令和2年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−10

@ (3, 4)、(7, 6)

A (4, 5)、(6, 7)

B (2, 4)、(2, 6)、(8, 9)

C (3, 4)、(7, 6)、(10, 9)

D (4, 5)、(6, 7)、(10, 9)





正解

@


解説

バック辺 (back edge) は、フローがループ状になっていて上位のノードに戻る辺のことである。
ループ状になっている個所は、以下の2か所である。
C → D → B → C
E → F → E

H → I → Hはループ状になっているように見えるが、G → I の辺があるため、ループとは言えない。

従って@が正解である。

posted by ファーストマクロ at 14:17| Comment(0) | R02技術士一次試験(情報工学)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: