2020年11月18日

令和2年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−13

V−13

データベースにおけるトランザクションの原子性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

@ 一連のデータ操作が複数のユーザから同時に行われる際に、それぞれの処理が矛盾なく行えることを保証する。

A 一連のデータ操作の前後でそれらの状態を保つことを保証する。

B 一連のデータ操作を完了し、完了通知をユーザが受けた時点で、その操作が永続的となり結果が失われないことを保証する。

C データの変更を伴う一連のデータ操作が全部成功するか全部失敗するかを保証する。

D 複数のトランザクションが並行で実行された場合、順次実行された状態と同じ結果が得られる状態を保証する。





正解

C


解説

トランザクション処理においてはACID特性が求められる。
ACIDは、トランザクション処理において求められる、Atomicity (原子性)、Consistency (一貫性)、Isolation (独立性・隔離性) 、Durability (永続性・耐久性) の4つの特性の頭文字を取ったものである。

@ 同時実効性に関する記述である。データベースにおけるトランザクション処理において求められる4つの特性には含まれない。

A Consistency (一貫性) に関する記述である。

B Durability (永続性・耐久性) に関する記述である。

C 正しい。Atomicity (原子性) に関する記述である。

D Isolation (独立性・隔離性) に関する記述である。

posted by ファーストマクロ at 20:31| Comment(0) | R02技術士一次試験(情報工学)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: