2020年11月20日

令和2年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−15

V−15

下図のように、PC2台、ファイルサーバ1台、プリンタ2台で構成される情報処理システムがある。稼働率はPCが0.95、ファイルサーバが0.99、プリンタが0.9である。当システムでは、ファイルサーバの稼動は必須で、PC及びプリンタは各1台が稼動していれば、システムとして稼動できる。当システムの稼働率に最も近いものはどれか。

@ 0.99  A 0.98  B 0.95

C 0.94  D 0.90





正解

A


解説

PCの稼働率は、1から2台のPCが両方が稼働してない確率を引くと求められる。
1 − (1−0.95) × (1−0.95) = 0.9975

ファイルサーバの稼働率は、1台だけなので0.99である。

プリンタの稼働率は、1から2台のプリンタが両方稼働してない確率を引くと求められる。
1− (1−0.9) ×(1−0.9) = 0.99

従って、システム全体の稼働率は、
PCの稼働率 × ファイルサーバの稼働率 × プリンタの稼働率
0.9975 × 0.99 × 0.99
0.977650.98

タグ:稼働率
posted by ファーストマクロ at 20:38| Comment(0) | R02技術士一次試験(情報工学)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: