2020年11月24日

令和2年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−19

V−19

DFD (Data Flow Diagram) 作成の基本ルールの説明として、最も不適切なものはどれか。

@ プロセス名、データ名の曖昧な言葉に注意する。プロセス名は、特定の目的語に作用する動詞を使って「〜を〜する」と付ける。データ名は、名詞と形容詞を使用して付け、処理を意味するものを含めてはならない。

A ダイアグラム内のプロセスの粒度に注意する必要はあるが、階層の分割数には制限が無い。

B ダイアグラム、プロセスに番号をつける。ダイアグラムには、その上位レイアのプロセスから引き継いだ番号を付与する。ダイアグラム内のプロセスには、その中で番号を付与する。

C プロセス、フローの配置を整理する。ダイアグラム内のプロセスは左上から右下にデータが流れ、データフローはできるだけ交差しないように配置する。

D データストアは、データの一時貯蔵庫として使用する。プロセス間で一時的に保管されるデータは、データストアを用いて表す。データストア名は、名詞を使用し、そのストアに出入りするすべてのフローを代表した名前を付ける。





正解

A


解説

@ データ名に形容詞が使用されているのはあまり見かけないが、不適切な表現ではない。

A 不適切である。階層の分割数には明確なルールはないが、階層を深くすると図が複雑になってしまう。

B 番号は 1.1.1 のように付与していく。

C プロセスは丸印や角が丸い四角形で表現し、フローは矢印で表現する。

D データストアは、右側に線のない四角形や二本線で表現する。

posted by ファーストマクロ at 00:05| Comment(0) | R02技術士一次試験(情報工学)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: