2021年01月06日

令和2年度秋期 応用情報技術者試験問題 問27

問27

UMLを用いて表した図のデータモデルから、“部品”表、“納入”表及び“メーカ”表を関係データベース上に定義するときの解釈のうち、適切なものはどれか。

 ┌────┐   ┌────┐   ┌─────┐
 │ 部品 │   │ 納入 │   │ メーカ │
 ├────┤1 *├────┤* 1├─────┤
 │部品番号├───┤納入日 ├───┤メーカ番号│
 │部品名 │   │数量  │   │メーカ名 │
 │  …  │   │  …  │   │  …  │
 └────┘   └────┘   └─────┘

ア 同一の部品を同一のメーカから複数回納入することは許されない。

イ “納入”表に外部キーは必要ない。

ウ 部品番号とメーカ番号の組みを“納入”表の候補キーの一部にできる。

エ “メーカ”表は、外部キーとして部品番号をもつことになる。





正解


解説

ア 納入日が1つ決まれば部品は1つ決まり、メーカーも1つ決まるが、別の納入日に同一メーカの同一部品を納入することは可能である。

イ “納入”表には、部品番号とメーカ番号の外部キーが必要である。

ウ 正しい。

エ “メーカ”表と“部品”表には直接の関係がないため、“メーカ”表に外部キーとして部品番号をもつことはない

タグ:UML
posted by ファーストマクロ at 20:33| Comment(0) | R02秋応用情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: