2021年01月20日

令和2年度秋期 応用情報技術者試験問題 問41

問41

クリプトジャッキングに該当するものはどれか。

ア PCにマルウェアを感染させ、そのPCのCPUなどが有する処理能力を不正に利用して、暗号資産の取引承認に必要となる計算を行い、報酬を得る。

イ 暗号資産の取引所から利用者のアカウント情報を盗み出し、利用者になりすまして、取引所から暗号資産を不正に盗みとる。

ウ カード加盟店に正規に設置されている、カードの磁気ストライプの情報を読み取る機器からカード情報を窃取する。

エ 利用者のPCを利用できなくし、再び利用できるようにするのと引換えに金銭を要求する。





正解


解説

ア 正しい。クリプトジャッキングは、暗号資産 (仮想通貨) を得るために、PCにマルウェアを感染させ、そのPCのCPUなどが有する処理能力を不正に利用して、暗号資産の取引承認に必要となる計算を行わせることである。

イ なりすましによる不正アクセスである。

ウ スキミングに該当する。

エ ランサムウェアに該当する。

posted by ファーストマクロ at 20:35| Comment(0) | R02秋応用情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: