2021年01月29日

令和2年度秋期 応用情報技術者試験問題 問50

問50

日本において特許Aを取得した特許権者から、実施許諾を受けることが必要になるのはどれか。

ア 出願日から25年を超えた特許Aと同じ技術を新たに事業化する場合

イ 特許Aの出願日よりも前から特許Aと同じ技術を独自に開発して、特許Aの出願日に日本国内でその技術を用いた製品を製造し、市場で販売していたことが証明できる場合

ウ 特許Aを家庭内で個人的に利用するだけの場合

エ 日本国内で製造し、米国に輸出する製品に特許Aを利用する場合





正解


解説

ア 特許権は20年であり、5年の延長が認められている。従って25年を超えた特許には、実施許諾を受ける必要はない。

イ 特許Aの出願日よりも前から特許Aと同じ技術を独自に開発して、特許Aの出願日に日本国内でその技術を用いた製品を製造し、市場で販売していたことが証明できる場合は、実施許諾を受ける必要はない。

ウ 個人的に利用するだけの場合は、実施許諾を受ける必要はない。

エ 正しい。特許法 第二条第3項に以下の記載がある。
この法律で発明について「実施」とは、次に掲げる行為をいう。 一 物 (プログラム等を含む。以下同じ。) の発明にあつては、その物の生産、使用、譲渡等(譲渡及び貸渡しをいい、その物がプログラム等である場合には、電気通信回線を通じた提供を含む。以下同じ。)、輸出若しくは輸入又は譲渡等の申出 (譲渡等のための展示を含む。以下同じ。) をする行為

タグ:特許
posted by ファーストマクロ at 19:52| Comment(0) | R02秋応用情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: