2021年02月22日

令和2年度秋期 応用情報技術者試験問題 問74

問74

不良品の個数を製品別に集計すると表のようになった。ABC分析を行って、まずA群の製品に対策を講じることにした。A群の製品は何種類か。ここで、A群は70%以上とする。

┌──┬──┬──┬──┬──┬──┬──┬──┬──┬──┬──┐
│製品│ P │ Q │ R │ S │ T │ U │ V │ W │ X │合計│
├──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│個数│ 182│ 136│ 120│ 98 │ 91 │ 83 │ 70 │ 60 │ 35 │ 875│
└──┴──┴──┴──┴──┴──┴──┴──┴──┴──┴──┘

ア 3  イ 4  ウ 5  エ 6





正解


解説

ABC分析は、販売金額、粗利益金額などが高い商品から順番に並べ、その累計比率によって商品を幾つかの階層に分け、高い階層に属する商品の販売量の拡大を図る分析手法である。
A群の製品は70%以上であるから、
875×70%612.5
よって、不良品の個数の多い順に612.5を超えるまで足し込んだ製品までがA群となる。
182+136 = 318
182+136+120 = 438
182+136+120+98 = 536
182+136+120+98+91 = 627

したがって、A群の製品は5種類である。

タグ:ABC分析
posted by ファーストマクロ at 18:59| Comment(0) | R02秋応用情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: