2021年02月24日

令和2年度秋期 応用情報技術者試験問題 問76

問76

複雑な要因の絡む問題について、その因果関係を明らかにすることによって、問題の原因を究明する手法はどれか。

ア PDPC法

イ クラスタ分析法

ウ 系統図法

エ 連関図法





正解


解説

ア PDPC法 (Process Decision Program Chart = 過程決定計画図) は、事態の進展とともに様々な事象が想定される問題について対応策を検討し、望ましい結果に至るプロセスを定める方法である。

イ クラスタ分析法は、観測データを類似性によって集団や群に分類し、その特徴となる要因を分析する手法である。

ウ 系統図法は、目的・目標を達成するための手段・方策を順次展開し、最適な手段・方策を追求していく方法である。

エ 正しい。

posted by ファーストマクロ at 00:03| Comment(0) | R02秋応用情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: