2021年03月03日

平成27年度秋期 基本情報技術者試験問題 問3

問3

関数 f(x) は、引数も戻り値も実数型である。この関数を使った、@ 〜 Dから成る手続を考える。手続の実行を開始してからA 〜 Dを十分に繰り返した後に、Bで表示される y の値に変化がなくなった。このとき成立する関係式はどれか。

 @ x ← a
 A y ← f(x)
 B y の値を表示する。
 C x ← y
 D Aに戻る。

ア f(a) = y  イ f(y) = 0  ウ f(y) = a  エ f(y) = y





正解


解説

Bで表示される y の値に変化がなくなったということは、Aで y = f(x) の関係が成り立っており、Cで x = y の関係が成り立っているため、
y = f(x) = f(y) が成り立つ。
したがって、f(y) = y が成立する。

タグ:関数
posted by ファーストマクロ at 20:08| Comment(0) | H27秋基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: