2021年03月04日

平成27年度秋期 基本情報技術者試験問題 問4

問4

アナログ電圧をディジタル化した後に演算処理することの利点として、適切なも のはどれか。

ア アナログからディジタルへの変換では誤差が発生しない。

イ 演算結果が部品精度、温度変化及び外来雑音の影響を受けにくい。

ウ 数値演算において丸め誤差が発生することはない。

エ 電圧が変化してから演算結果を得るまでの遅延時間が発生しない。





正解


解説

ア 連続的なアナログから離散値であるディジタルに変換すると誤差が発生する。

イ 正しい。演算結果が部品精度、温度変化及び外来雑音の影響を全く受けないわけではない。

ウ ディジタル化した後は、数値演算において丸め誤差が丸め誤差が発生する

エ ディジタル化する際に、遅延時間が発生する

posted by ファーストマクロ at 20:01| Comment(0) | H27秋基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: