2021年04月22日

平成27年度秋期 基本情報技術者試験問題 問52

問52

表の機能と特性をもったプログラムのファンクションポイント値は幾らか。ここで、複雑さの補正係数は0.75とする。

 ┌──────────────┬──┬──────┐
 │ユーザファンクションタイプ │個数│重み付け係数│
 ├──────────────┼──┼──────┤
 │外部入力          │ 1 │   4  │
 ├──────────────┼──┼──────┤
 │外部出力          │ 2 │   5  │
 ├──────────────┼──┼──────┤
 │内部論理ファイル      │ 1 │  10  │
 ├──────────────┼──┼──────┤
 │外部インターフェイスファイル│ 0 │   7  │
 ├──────────────┼──┼──────┤
 │外部照会          │ 0 │   4  │
 └──────────────┴──┴──────┘

ア 18  イ 24  ウ 30  エ 32





正解


解説

ファンクションポイント法は、外部入力外部出力外部照会内部論理ファイル外部インターフェイスの5つの型を機能数 (ファンクション数) としてカウントし、これらの件数に、複雑度を勘案してソフトウェアの規模を見積もるものである。

ファンクションポイント
= (1×4 + 2×5 + 1×10 + 0×7 + 0×4) × 0.75
= 24 × 0.75 = 18

posted by ファーストマクロ at 23:00| Comment(0) | H27秋基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。