2021年04月26日

平成27年度秋期 基本情報技術者試験問題 問56

問56

情報システムの安全性や信頼性を向上させる考え方のうち、フェールセーフはどれか。

ア システムが部分的に故障しても、システム全体としては必要な機能を維持する。

イ システム障害が発生したとき、待機しているシステムに切り替えて処理を続行する。

ウ システムを構成している機器が故障したときは、システムが安全に停止するようにして、被害を最小限に抑える。

エ 利用者が誤った操作をしても、システムに異常が起こらないようにする。





正解


解説

ア フェールソフトの考え方である。

イ フォールトトレランスの考え方である。
なお、フォールトトレラントは、システムを構成する要素のうち、信頼性に大きく影響するものを複数備えることによって、システムの信頼性を高める性質のことである。

ウ 正しい。

エ フールプルーフの考え方である。

posted by ファーストマクロ at 00:02| Comment(0) | H27秋基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: