2021年06月20日

令和3年度春期 応用情報技術者試験問題 問30

問30

コストベースのオプティマイザがSQLの実行計画を作成する際に必要なものはどれか。

ア ディメンジョンテーブル

イ 統計情報

ウ 待ちグラフ

エ ログファイル





正解


解説

オプティマイザは、SQL 文を実行するための一連の手順候補の中から、最も効率よくSQL を実行できる方法を判断する機能のことである。

ア ディメンジョンテーブルは、例えば商品売上を分析する際の切り口としての、商品、期間、顧客などの属性表のことである。

イ 正しい。コストベースのオプティマイザは、統計情報に基づいて、最もコストの低いSQLの実行計画を作成する。なお、Optimize には最適化の意味がある。

ウ 待ちグラフは、DBMSにおいて、デッドロックを検出するために使われるデータ構造である。

エ ログファイルは、操作履歴や、発生した事象の履歴を記録したファイルである。

posted by ファーストマクロ at 09:09| Comment(0) | R03春応用情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。