2021年08月06日

令和3年度春期 応用情報技術者試験問題 問76

問76

系統図法の活用例はどれか。

ア 解決すべき問題を端か中央に置き、関係する要因を因果関係に従って矢印でつないで周辺に並べ、問題発生に大きく影響している重要な原因を探る。

イ 結果とそれに影響を及ぼすと思われる要因との関連を整理し、体系化して、魚の骨のような形にまとめる。

ウ 事実、意見、発想を小さなカードに書き込み、カード相互の親和性によってグループ化して、解決すべき問題を明確にする。

エ  目的を達成するための手段を導き出し、更にその手段を実施するための幾つかの手段を考えることを繰り返し、細分化していく。





正解


解説

ア 連関図法の活用例である。

イ 特定要因図法の活用例である。特定要因図は、魚の骨図 (フィッシュボーン・チャート) とも呼ばれる。

ウ 親和図法の活用例である。親和図法は、KJ法 (川喜多二郎法) とも呼ばれる。

エ 正しい。

posted by ファーストマクロ at 19:51| Comment(0) | R03春応用情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: