2016年11月27日

数字の先頭に0を表示させる


数字の先頭にあえて0をつけて、

0001
0002
0003
・・・
0010
・・・
9999


のように表示させたい場合、
せっかく “
0001”と入力したのに、
えらそうに “
” と表示されます。

今回の裏技は、“
”と入力したら“0001”と表示される方法を
紹介します。

答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 23:05| Comment(0) | EXCEL Tips

2016年11月26日

難しい漢字や特殊文字の入力

読み方の分からないような難しい漢字や特殊文字を入力する時、
次のようにして、漢字を探して入力する方法もあります。

@リボンの『
挿入』 → 『記号と特殊文字』を選択します。
 特殊文字

A「
フォント(F)」から『現在選択されているフォント』や
 『
MS明朝』『MSゴシック』など、漢字のフォントを選び、
 「
種類(U)」から『CJK 統合漢字拡張A』や『CJK 統合漢字』などを選択します。
 特殊文字

B漢字だと部首の画数の少ない順に並んでいますので、
 該当する漢字を選択して、『
挿入(I)』ボタンを押します。



WORD・EXCEL裏技・実践技教えます。
  
〜筆者のHP

タグ:特殊文字
posted by ファーストマクロ at 11:36| Comment(0) | EXCEL Tips

2016年10月31日

リストからの選択

@EXCELを立ち上げます。
AセルA1をマウスで右クリックし、
 『
ドロップダウン リストから選択(K)』 を選びます。
 リストからの選択

B何か起こりましたでしょうか?
 → 白い枠がA1のセルの下に表示されるはずです。
   が、これでは、何か起こったとは言えません。
 リストからの選択

では、
CA1のセルに何でもいいですが、
 “
日本”と入力します。
DA2のセルに何でもいいですが、
 “
あああ”と入力します。
EA3のセルで、先ほどのようにマウスで右クリック
 し、ドロップダウン リストから選択(K)』を選びます。

今度こそ何か起こったと思います。
 リストからの選択

地味ですが、便利に思う時がある機能です。




WORD・EXCEL裏技・実践技教えます。
  
〜筆者のHP

posted by ファーストマクロ at 21:01| Comment(0) | EXCEL Tips

2016年10月20日

定型文字列の設定

例えばセルに 100 と入力するだけで、
 「
合計:100人
と表示されるように設定できます。

@セルA1を選択します。
Aマウスを右クリックし、『
セルの書式設定(E)』を選択します。
 定型文字列

B『
表示形式』のタブから 『ユーザー定義』を選択し、
 「
種類(T)」のところに
  
合計:@人
 と入力して、『
OK』ボタンを押します。
 定型文字列

CA1のセルに “
100” とか、適当に数字を入れてみましょう。
 定型文字列



WORD・EXCEL裏技・実践技教えます。
  
〜筆者のHP

タグ:定型文字列
posted by ファーストマクロ at 22:21| Comment(0) | EXCEL Tips

2016年10月19日

ブック間のシートの移動、コピー


例えば  XXX.xls の Sheet1 を違うブックの
YYY.xls の Sheet2 のすぐ後ろに移動、あるいはコピーさせたいとします。

こんな場合は次のようにします。
答えはこちら
タグ:移動 コピー
posted by ファーストマクロ at 23:35| Comment(0) | EXCEL Tips

2016年10月18日

タイトルを中央揃え(センタリング)する


WORDなら「中央揃え
 センタリング

のアイコンだけで、タイトルが簡単に
センタリングできますが、
EXCELだと、
通常はセルの範囲内でしか、センタリングされません。

EXCELでタイトルをセンタリングするにはちょっと工夫が必要です。

答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 23:26| Comment(0) | EXCEL Tips

2016年10月17日

全ての計算式を表示する


EXCELで、全ての計算式を表示させる機能があります。

実際にやってみましょう。
まずは準備から。

答えはこちら
タグ:TIPS
posted by ファーストマクロ at 20:18| Comment(0) | EXCEL Tips

2016年10月16日

特定の日付が第何週目かを求める関数

今日がその年の第何週目かを求める関数を紹介します。
 
=WEEKNUM() 関数です。



以下のように西暦2000年を例にした場合、
セルB2には =WEEKNUM(A2,
1) と入力します。

(A2,1)1 は、週の始まりの基準を指定します。
日曜始まりの場合は、
1を指定し、
月曜始まりの場合は、
2を指定します。
なお、省略すると、日曜始まりとなります。

 imageExcel053-1.jpg

なお、今日が第何週かを調べる時は
 
=WEEKNUM(TODAY(),1) 
とすればよいでしょう。
いや、
 =WEEKNUM(TODAY()) の方がシンプルです。

WORD・EXCEL裏技・実践技教えます。
  
〜筆者のHP

posted by ファーストマクロ at 09:30| Comment(0) | EXCEL Tips

2016年10月15日

エラーのセル以外を計算する


今回のTipsも
配列数式関連です。

@まずは、次のような表を作ってください。
  配列数式

A次にセルC1に 
=B1/A1 と入れます。
B以下
 C2:
=B2/A2
 C3:
=B3/A3
 C4:
=B4/A4
 C5:
=B5/A5
と入力します。
  →C3だけが
#DIV/0! となります。

CセルC6に
=AVERAGE(C1:C5) と入力します。
 ※ =AVERAGE() 関数は平均を求める関数です。
 →またもや #DIV/0! となります。
  配列数式

よくありがちです。

だったら、A列の合計と、B列の合計を求めて
 C6: =B6/A6
 としよう。。。。1.2875?? 増加率
128.75%!!??
 ・・・そうか、3行目の数字は足したくないな。。。

  配列数式

これを
裏ワザで解消しましょう。



@C6のセルに
 
=AVERAGE(IF(NOT(ISERR(C1:C5)),C1:C5))
と入れて
Ctrl + Shift + Enter キーを入力します。
※式が{ }で括られます。

これだけです。

答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:48| Comment(0) | EXCEL Tips

2016年10月14日

任意のセルの和をシミュレーションする

EXCEL Tips050で紹介した
Ctrl + Shift + Enter
を使って、数式を { }で括る方法を
配列数式』といいます。
 ※蛇足ですが、{ }はキーボードから入力しても
  
無効です。

今回の
裏ワザもこの配列数式の応用です。

答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 23:59| Comment(0) | EXCEL Tips

2016年10月13日

1行おきに合計する計算式(配列数式)

以前からご要望の多かった
1行おきに合計する計算式を考えてみました。
配列数式」という方法です。

例えば
 配列数式

のような表を作って、
男性、女性の合計を計算したいとします。

単純に
C7:
=SUM(C1,C3,C5)
C8:
=SUM(C2,C4,C6)
でもOKです。
でも、行が100行なら、面倒なことになります。
 
C100 = SUM(C2,C4,C6,C8, ・・・・ , C98)

今回はちょっと難しいところもありますが、紹介します。
行の追加削除にも柔軟に対応できる
裏ワザです。

答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:17| Comment(0) | EXCEL Tips

2016年10月12日

自動的にふりがなを表示する

EXCELで
PHONETIC」という関数があります。

住所録なんかをEXCELで作成するときに
完璧ではありませんが、少しは楽になります。

@セルA1に “
=PHONETIC(B1)
と入力します。
AセルB1に自分の名前を漢字で入れてみてください。



WORD・EXCEL裏技・実践技教えます。
  
〜筆者のHP

タグ:ふりがな
posted by ファーストマクロ at 22:29| Comment(0) | EXCEL Tips

2016年10月11日

1行おきに網掛けする

EXCELで、巨大な表だと、
1行おきに網掛け(色を変更)すると見やすくなります。

しかし、現実的には、わりと手間です。
Ctrl」キーを押しながら1行ずつ選択して、
セルの色を変更しなければなりません。

また、途中に1行挿入しなくてはいけなくなった時は
一層面倒です。

1行おきに網掛け一発でできる方法があるので
紹介します。
答えはこちら
タグ:網掛け
posted by ファーストマクロ at 23:51| Comment(0) | EXCEL Tips

2016年09月14日

直前の操作を連続で行う

直前に行った操作を簡単に連続して行う方法が
あります。

 
Ctrl + Y

です。

では、具体的に試してみましょう。

答えはこちら
タグ:直前の操作
posted by ファーストマクロ at 18:36| Comment(0) | EXCEL Tips

2016年09月13日

コメントを印刷する

コメントを入れたシートは普通に印刷しても、
コメントは印刷されません。

しかし、コメントごと印刷する方法があります。

@リボンの『
ページレイアウト』 → 『印刷タイトル』を選択します。
 コメントを印刷する

Aシートのタグを選択します。
B「
コメント(M)」のところが (なし)となっていますの
 で、コンボボックスの▼をクリックして、
 「
画面表示イメージ」か「シートの末尾」の
 どちらか好みの方を選択して、『
OK』ボタンを押します。
 コメントを印刷する




WORD・EXCEL裏技・実践技教えます。
  
〜筆者のHP

posted by ファーストマクロ at 22:28| Comment(0) | EXCEL Tips

2016年09月12日

常時コメントを表示する

コメントの挿入は、
リボンの『
校閲』 → 『新しいコメント』で挿入できますが、
 常時コメントを表示する
 
 挿入後はセルの右上に
赤い三角が表示され、
 コメントが挿入されているセルにカーソルをのせれば、
 
吹き出しとして表示されます。
 常時コメントを表示する

このコメントを常時、画面に表示させるには
次のようにします。

@リボンの校閲』 → 『
すべてのコメントの表示』をクリックします。
 常時コメントを表示する

これだけです。



WORD・EXCEL裏技・実践技教えます。
  
〜筆者のHP

posted by ファーストマクロ at 20:43| Comment(0) | EXCEL Tips

2016年09月11日

1行上の計算式をそのままコピーする

例えばA1のセルに1”, B1のセルに “2” と
入力します。
それで、C1のセルに “
=A1+B1”と入力します。
(この時点で当たり前ですが、
 C1のセルは
と表示されているはずです。)

次に計算式を入れたC1のセルをコピーし、
C2のセルに貼り付けます。
するとどうでしょう?
C2のセルは 0 と表示され
勝手に計算式が
=A2+B2 に変わっています。
 imageExcel044-1.jpg

ここまではEXCELとしては当たり前のことです。

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

ではここで、
裏ワザの紹介です。 

答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 10:37| Comment(0) | EXCEL Tips

2016年09月10日

ステータスバーでの計算

まずは、準備から
@A1のセルに 何でもいいですが数字を入れて下さい。
AB1のセルに 何でもいいですが数字を入れて下さい。
BC1のセルに 何でもいいですが数字を入れて下さい。
CセルA1〜C1をマウスで選択します。
DEXCELのウインドウの右下の方に
 「
平均: ・・・ 合計: ???」 のように表示されていると思います。
 ステータスバーでの計算

このように、
電卓を使わなくても、EXCELが立ち上がっていれば
簡単に計算できます。

ではここからは、
裏ワザっぽいですが、

答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 23:27| Comment(0) | EXCEL Tips

2016年09月09日

数字のみを一度に削除する

計算式は消さず、数字のみを消したい場面に
遭遇したことはないでしょうか?

例えば、次のような表で
 数字のみを一度に削除数字のみを一度に削除

小計と上半期計の列には、計算式が入っていて、
その他のセルには数字が入っているような場合、

項目名と、計算式の部分は消さず、
 数字の部分だけを消したい。


というような場面です。



ジャンプ機能」を使って、一発で消す方法があります。

答えはこちら
タグ:削除
posted by ファーストマクロ at 20:22| Comment(0) | EXCEL Tips

2016年09月05日

2つのシートを同時に表示する

Sheet1とSheet2を同時に画面に表示する方法があります。

@リボンの『
表示』 → 『新しいウインドウを開く』をクリックします。
Aリボンの『表示』 → 『
整列』をクリックします。
 2つのシートを同時に表示する

B「
整列」のラジオボタンの中から
 「
上下に並べて表示(O)」  もしくは
 「
左右に並べて表示(V)
 にチェックを入れ、OKボタンを押します。
 2つのシートを同時に表示する

C画面が2分割されますから、どちらかのシートを
 「
Sheet2」に切り替えれば完成です。

あとはどちらのウインドウからでも作業可能です。  

ちなみに単純にシートを切替える場合は
@Sheet1やSheet2の文字を直接マウスでクリックする方法
A
Fn + Ctrl + PgDnPgUp) キーを同時に押して切替える方法
 などがあります。



WORD・EXCEL裏技・実践技教えます。
  
〜筆者のHP

posted by ファーストマクロ at 00:04| Comment(0) | EXCEL Tips