2016年11月05日

平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−15

V−15
以下のシーケンス図をJavaプログラムで表現したときに、プログラム中の (a) 〜 (c) に
入る組合せとして、最も適切なものはどれか。

 平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−15

class (a) {
 (c) insP;
 void methodX() {
  insP.methodY();
 }
}

class (b) {
 (a) insQ;
 void method1() {
  insQ.methodX();
 }
 void methodZ() {
 }
}

class (c) {
 (b) insR;
 void methodY() {
 }
 method2() {
  insR.methodZ();
 }
}

      (a)    (b)    (c)
 @ ClassA ClassB ClassC
 A ClassA ClassC ClassB
 B ClassB ClassA ClassC
 C ClassB ClassC ClassA
 D ClassC ClassB ClassA



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 10:51| Comment(0) | H28技術士一次試験(情報工学)

2016年11月04日

平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−14

V−14
Linuxオペレーティングシステムにおける、プロセスとスレッドに関する次の記述のうち、
最も適切なものはどれか。

 @ 1つのスレッドは、複数のプロセスにおいて同時に実行できる。
 A 同じプロセス内の複数のスレッドは、同じスタックを用いて実行される。
 B 同じプロセス内の複数のスレッドは、プロセス内のデータを共有しない。
 C 同じプロセス内の複数のスレッドは、マルチコアで同時に実行できる。
 D プロセス切り替えに要するオーバーへッドとスレッド切り替えに要する
   オーバーへッドは同じである。



答えはこちら
タグ:Linux
posted by ファーストマクロ at 20:43| Comment(0) | H28技術士一次試験(情報工学)

2016年11月03日

平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−13

V−13
音楽用CDの品質 (サンプリング周波数44.1kへルツ、サンプリングビットレート16ビット、
チャネル数2ch) で5分間の音声の非圧縮のデータ量として、最も近いものはどれか。

 @ 51.68kバイト
 A 413.44kバイト
 B 861.33kバイト
 C 50.47Mバイト
 D 403.75Mバイト



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 10:38| Comment(0) | H28技術士一次試験(情報工学)

2016年11月02日

平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−12

V−12
メインメモリに接続された、キャッシュメモリを内蔵したCPUがある。キャッシュメモリの
アクセスタイムは10ナノ秒、メインメモリのアクセスタイムは150ナノ秒である。
また、キャッシュのヒット率は90%である。
 ここで、アクセスタイムが180ナノ秒であるようなメインメモリに変えるが、CPUの
キャッシュメモリについてもアクセスタイムが何倍か速いものに変えることで、平均アク
セスタイムを維持することを考える。最低限必要な倍率として、最も近いものはどれか。

 @ 0.6倍  A 1.0倍  B 1.2倍  C 1.5倍  D 2.0倍



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 21:34| Comment(0) | H28技術士一次試験(情報工学)

2016年11月01日

平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−11

V−11
次の論理式と等価な論理式として、最も適切なものはどれか。なお、論理和を+、
論理積を・、否定を   で記述している。

 【論理式】 A・・C+・C・D+A・B・C・+B・C・D

 @ ・B・D+A・C
 A A・C+C・D
 B ・C+C・
 C B・C
 D B・C・+C・D



答えはこちら
タグ:論理式
posted by ファーストマクロ at 20:29| Comment(0) | H28技術士一次試験(情報工学)

2016年10月30日

平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−10

V−10
ページング方式の仮想記憶システムにおいて、スラッシングが発生した際の対処方法と
して次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

 @ 主記憶装置の容量を減らす。
 A 同時に実行するプロセスを減らす。
 B 補助記憶装置上に確保している仮想記憶用の領域の容量を増やす。
 C 補助記憶装置のフラグメンテーションを解消する。
 D 補助記憶装置の容量を増やす。



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 10:24| Comment(0) | H28技術士一次試験(情報工学)

2016年10月29日

平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−9

V−9
5つのシンボルP、Q、R、S、Tで構成された信号をハフマン符号化したい。
各シンボルの生起確率がそれぞれ順に 0.10、0.05、0.20、0.25、0.40であるとき、
最も適切な符号化方法はどれか。

 @ P:0010 Q:0011 R:000  S:01  T:1
 A P:01  Q:10  R:00  S:1   T:0
 B P:0010 Q:0001 R:0100 S:0101 T:1000
 C P:010  Q:001  R:011  S:100  T:101
 D P:000  Q:001  R:01  S:10  T:11



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 09:13| Comment(0) | H28技術士一次試験(情報工学)

2016年10月28日

平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−8

V−8
次の記述の、     に入る用語の組合せとして、最も適切なものはどれか。
 ア  によるCPU資源の浪費を避けるため、通常のCPUでは、  イ  を用いて
入出力デバイスの操作の完了を知る仕組みになっている。入出力デバイスの操作が
完了すると、例えば  ウ  を参照し  エ  にジャンプする。

                             
 @ スピンロック  割込み    割込みハンドラ 割込みべクタ
 A スピンロック  ビジーウェイト ロックベクタ   ロックハンドラ
 B スピンロック  ビジーウェイト ロックハンドラ  ロックベクタ
 C ビジーウェイト 割込み    割込みハンドラ 割込みべクタ
 D ビジーウェイト 割込み    割込みべクタ  割込みハンドラ



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 21:09| Comment(0) | H28技術士一次試験(情報工学)

2016年10月27日

平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−7

V−7
プロセッサのアーキテクチャに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

 @ 1ステージがPナノ秒で実行されるステージ数Dのパイプラインにおいて、N個の命令の
   実行が完了する最短時間は、N×P/Dナノ秒である。
 A VLIW方式では、複数個の命令が同時に実行されるが、命令の実行中に命令間の
   依存関係をプロセッサが検知した場合には、命令の実行が中断される。
 B スーパースカラとは、複数個のパイプラインをプロセッサに備えることにより、パイプライン
   ハザードを回避する技術である。
 C スーパーパイプラインとは、命令実行の各ステージを細かく分割することにより、
   パイプラインの動作の効率を向上させる高速化技術である。
 D パイプラインにおける構造ハザードとは、プログラムにある条件分岐が原因となり
   ストールする現象である。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 19:03| Comment(0) | H28技術士一次試験(情報工学)

2016年10月26日

平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−6

V−6
グラフ理論に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
 @ 完全2部グラフは、すべての頂点同士が辺で繋がっている。
 A 距離を重みとする重み付きグラフでは、ある頂点から別の頂点への移動に
   要する重みは、どの順路でも常に同じである。
 B 頂点から出た辺が同じ頂点に戻るループのみである場合、その頂点は
   孤立点である。
 C 3つの頂点及び3つの辺で構成される単純閉路グラフならば、いずれの
   頂点でも次数は2である。
 D 無向完全グラフでは、頂点の数をnとしたとき、辺の数は2nとなる。



答えはこちら
タグ:グラフ理論
posted by ファーストマクロ at 18:58| Comment(0) | H28技術士一次試験(情報工学)

2016年10月25日

平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−5

V−5

データ数の配列をソートするアルゴリズムにおいて、時間計算量がO(nlogn)
となる場合として、最も適切なものはどれか。

 @ 最悪計算時間でクイックソートする場合
 A 最悪計算時間でマージソートする場合
 B 最良計算時間で単純挿入ソートする場合
 C 平均計算時間でシェルソートする場合
 D 平均計算時間で選択ソートする場合



答えはこちら
タグ:計算量
posted by ファーストマクロ at 23:47| Comment(0) | H28技術士一次試験(情報工学)

2016年10月24日

平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−4

V−4
次のようなBNFで定義された文法を考える。
 <S> :: = <A><B>
 <A> :: = a | a<A>
 <B> :: = b | b<B> | c | c<B>

ここで、< > で囲まれたものは非終端記号、英小文字1文字は終端記号とし、
開始記号を <S> とする。この文法により生成される文を正規表現で表したものは
どれか。ただし、正規表現において * は直前のものの0回以上の繰り返しを表す。
 | は選択を表すものとする。

 @ a*b*c
 A a*(b | c)*
 B aa*(bb* | cc*)
 C aa*(bc)(bc)*
 D aa*(b | c)(b | c)*



答えはこちら
タグ:BNF
posted by ファーストマクロ at 21:45| Comment(0) | H28技術士一次試験(情報工学)

2016年10月23日

平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−3

V−3
整数を8ビットの、2の補数表現で表しているとする。次のうち最も適切なものはどれか。

 @ 011101012 + 000011002 はオーバーフローしないで計算できる。
 A 21と−21の2の補数表現は、全ビットの0と1を交換したものである。
 B 値を2倍にするのに、オーバーフローが起こらない限り、1ビット左シフトで実現できる。
 C 表現できる範囲は、-128から128までである。
 D 最も小さい値は111111112である。



答えはこちら
タグ:2の補数
posted by ファーストマクロ at 21:10| Comment(0) | H28技術士一次試験(情報工学)

2016年10月22日

平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−2

V−2

C言語で、1から20までの数字を表示し、3で割り切れるときはFizz、5で割り切れる
ときはBuzz、両方で割り切れるときはFizzBuzzと表示するプログラムを実装したい。
次の空欄     に(ア)、(イ)、(ウ)を入れたプログラムの動作に関する記述のうち、
最も適切なものはどれか。

 #include <stdio.h>
 int main() {
  int i;
     
 }

(ア) for (i = 1; i <= 20; i++)
    printf("%d %s%s\n", i, i % 3 ? "" : "Fizz", i % 5 ? "" : Buzz");

(イ) char *fb[15] = {"FizzBuzz", "", "", "Fizz", "",
             "Buzz", "Fizz", "", "", "Fizz",
             "Buzz", "", "Fizz", "", ""};
   for (i = 1; i <=20; i++) printf("%d %s\n", i, fb[i % 15]);

(ウ) for (i = 1; i く= 20; i++) {
    printf("%d ", i);
    if (i % 3 == 0 && i % 5 == 0 ) printf("FizzBuzz\n");
    else if (i % 3 == 0) printf("Fizz\n");
    else if (i % 5 == 0) printf("Buzz\n");
    else printf("\n");
   }

 @ (ア) と (イ) と (ウ)、いずれを入れても正しく動作する。
 A (ア) 又は (イ) を入れたときのみ正しく動作する。
 B (ア) 又は (ウ) を入れたときのみ正しく動作する。
 C (イ) 又は (ウ) を入れたときのみ正しく動作する。
 D (ウ) を入れたときのみ正しく動作する。



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 21:34| Comment(0) | H28技術士一次試験(情報工学)

2016年10月21日

平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−1

V−1
仮想的なスタックマシンが次の命令をもつとする。

push a データ a をスタックに積む。
dup  スタックの最上部のデータを複製してスタックに積む。
swap  スタックの最上部の2つのデータの位置を交換する。
add  スタックの最上部の2つのデータをスタックから取り除き、その2つのデータの
    和をスタックに積む。
sub  スタックの最上部のデータ a とその直下のデータ b をスタックから取り除き、
    b-a をスタックに積む。
cmp x スタックの最上部の2つのデータを取り除き、その2つのデータが等しくな
    ければ、ラベルx へプログラムの制御を移す。
 このスタックマシン上で、次のプログラムが終了したときに、スタックの最上部にある
値はどれか。

  push 5
L1: dup
  push 1
  sub
  dup
  push 1
  cmp L1
L2: add
  swap
  dup
  push 5
  cmp L2
  add

 @ 8  A 10  B 12  C 15  D 20



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 22:30| Comment(0) | H28技術士一次試験(情報工学)