2018年08月20日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問40

問40
SPF (Sender Policy Framework) の仕組みはどれか。

 ア 電子メールを受信するサーバが、電子メールに
   付与されているディジタル署名を使って、送信
   元ドメインの詐称がないことを確認する。
 イ 電子メールを受信するサーバが、電子メールの
   送信元のドメイン情報と、電子メールを送信した
   サーバのIPアドレスから、ドメインの詐称がない
   ことを確認する。
 ウ 電子メールを送信するサーバが、送信する電子
   メールの送信者の上司から承認が得られるまで、
   一時的に電子メールの送信を保留する。
 エ 電子メールを送信するサーバが、電子メールの
   宛先のドメインや送信者のメールアドレスを
   問わず、全ての電子メールをアーカイブする。



答えはこちら
タグ:電子メール
posted by ファーストマクロ at 20:55| Comment(0) | H30春基本情報技術者

2018年08月19日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問39

問39
JIS Q 27000:2014 (情報システムセキュリティマネジ
メント−用語) において、“エンティティは、それが
主張するとおりのものであるという特性” と定義されて
いるものはどれか。

 ア 真正性   イ 信頼性 
 ウ 責任追跡性 エ 否認防止



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 08:12| Comment(0) | H30春基本情報技術者

2018年08月18日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問38

問38
AさんがBさんの公開鍵で暗号化した電子メールを、
BさんとCさんに送信した結果のうち、適切なものは
どれか。ここで、Aさん、Bさん、Cさんのそれぞれの
公開鍵は3人全員がもち、それぞれの秘密鍵は
本人だけがもっているものとする。

 ア 暗号化された電子メールを、Bさんだけが、
   Aさんの公開鍵で復号できる。
 イ 暗号化された電子メールを、Bさんだけが、
   自身の秘密鍵で復号できる。
 ウ 暗号化された電子メールを、Bさんも、Cさんも
   Bさんの公開鍵で復号できる。
 エ 暗号化された電子メールを、Bさんも、Cさんも
   自身の秘密鍵で復号できる。



答えはこちら
タグ:暗号化
posted by ファーストマクロ at 07:36| Comment(0) | H30春基本情報技術者

2018年08月17日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問37

問37
攻撃者がシステムに侵入するときにポートスキャンを
行う目的はどれか。

 ア 後処理の段階で、システムログに攻撃の痕跡が
   残っていないかどうかを調査する。
 イ 権限取得の段階で、権限を奪取できそうなアカ
   ウントがあるかどうかを調査する。
 ウ 事前調査の段階で、攻撃できそうなサービスが
   あるかどうかを調査する。
 エ 不正実行の段階で、攻撃者にとって有益な利用
   者情報があるかどうかを調査する。



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:12| Comment(0) | H30春基本情報技術者

2018年08月16日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問36

問36
ドライブバイダウンロード攻撃に該当するものはどれか。

 ア PC内のマルウェアを遠隔操作して、PCのハード
   ディスクドライバを丸ごと暗号化する。
 イ 外部ネットワークからファイアウォールの設定の
   誤りを突いて侵入し、内部ネットワークにある
   サーバのシステムドライブにルートキットを仕掛ける。
 ウ 公開Webサイトにおいて、スクリプトをWebページ
   中の入力フィールドに入力し、Webサーバが
   アクセスするデータベース内のデータを不正に
   ダウンロードする。
 エ 利用者が公開Webサイトを閲覧したときに、その
   利用者の意図にかかわらず、PCにマルウェアを
   ダウンロードさせて感染させる。



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 08:08| Comment(0) | H30春基本情報技術者

2018年08月15日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問35

問35
Webサーバにおいて、クライアントからの要求に応じて
アプリケーションプログラムを実行して、その結果をWeb
ブラウザに返すなどのインタラクティブなページを実現する
ために、Webサーバと外部プログラムを連携させる仕組み
はどれか。

 ア CGI  イ HTML  ウ MIME  エ URL



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:36| Comment(0) | H30春基本情報技術者

2018年08月14日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問34

問34
電子メールのヘッダフィールドのうち、SMTPで
メッセージが転送される過程で削除されるものはどれか。

 ア Bcc
 イ Date
 ウ Received
 エ X-Mailer



答えはこちら
タグ:SMTP
posted by ファーストマクロ at 08:05| Comment(0) | H30春基本情報技術者

2018年08月13日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問33

問33
LANに接続されているプリンタのMACアドレスを、
同一LAN上のPCから調べるときに使用するコマンドは
どれか。ここで、PCはこのプリンタを直前に使用しており、
プリンタのIPアドレスは分かっているものとする。

 ア arp  イ ipconfig  ウ netstat  エ ping



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 08:28| Comment(0) | H30春基本情報技術者

2018年08月12日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問32

問32
次のネットワークアドレスとサブネットマスクをもつ
ネットワークがある。このネットワークをあるPCが利用
する場合、PCに割り振ってはいけないIPアドレスは
どれか。

 ネットワークアドレス:200.170.70.16
 サブネットマスク:255.255.255.240

 ア 200.170.70.17
 イ 200.170.70.20
 ウ 200.170.70.30
 エ 200.170.70.31



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 11:02| Comment(0) | H30春基本情報技術者

2018年08月11日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問31

問31
10Mバイトのデータを100、000ビット/秒の
回線を使って転送するとき、転送時間は何秒か。
ここで、回線の伝送効率を50%とし、1Mバイト
= 106 バイトとする。

 ア 200  イ 400  ウ 800  エ 1、600



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 10:04| Comment(0) | H30春基本情報技術者

2018年08月10日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問30

問30
RDBMSのロックの粒度に関する次の記述において、
a、bの組合せとして適切なものはどれか。

 並行に処理される二つのトランザクションがそれぞれ
一つの表内の複数の行を更新する。行単位のロックを
使用する場合と表単位のロックを使用する場合とを比
べると、ロックの競合がより起こりやすいのは  a  単位
のロックを使用する場合である。また、トランザクション
実行中にロックを管理するためのRDBMSのメモリ使用
領域がより多く必要になるのは  b  単位のロックを
使用する場合である。

   ┌───┬───┐
   │ a │ b │
 ┌─┼───┼───┤
 │ア│ 行 │ 行 │
 ├─┼───┼───┤
 │イ│ 行 │ 表 │
 ├─┼───┼───┤
 │ウ│ 表 │ 行 │
 ├─┼───┼───┤
 │エ│ 表 │ 表 │
 └─┴───┴───┘



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 22:19| Comment(0) | H30春基本情報技術者

2018年08月09日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問29

問29
データベースの更新前や更新後の値を書き出して、
データベースの更新記録として保存するファイルは
どれか。

 ア ダンプファイル
 イ チェックポイントファイル
 ウ バックアップファイル
 エ ログファイル



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:46| Comment(0) | H30春基本情報技術者

2018年08月08日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問28

問28
埋込みSQLを用いたプログラムの一部において、
Xは何を表す名前か。

EXEC SQL OPEN X;
  EXEC SQL FETCH X INTO :NAME, :DEPT, :SALARY;
  EXEC SQL UPDATE 従業員
    SET 給与 = 給与 * 1.1
    WHERE CURRENT OF X;
EXEC SQL CLOSE X;

 ア カーソル
 イ スキーマ
 ウ テーブル
 エ ビュー



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:40| Comment(0) | H30春基本情報技術者

2018年08月07日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問27

問27
DBMSが提供する機能のうち、データ機密保護を
実現する手段はどれか。

 ア 一連の処理を論理的単位としてまとめたトラン
   ザクションを管理する。
 イ データに対するユーザのアクセス権限を管理する。
 ウ データを更新するときに参照制約をチェックする。
 エ データを更新する前に専有ロックをかける。



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 22:44| Comment(0) | H30春基本情報技術者

2018年08月06日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問26

問26
AR (Augmented Reality) の説明として、適切なものは
どれか。

 ア 過去に録画された映像を視聴することによって、
   その時代のその場所にいたかのような感覚が
   得られる。
 イ 実際に目の前にある現実の映像の一部にコン
   ピュータを使って仮想の情報を付加することに
   よって、拡張された現実の環境が体感できる。
 ウ 人にとって自然な3次元の仮想空間を構成し、
   自分の動作に合わせて仮想空間も変化すること
   によって、その場所にいるかのような感覚が
   得られる。
 エ ヘッドマウントディスプレイなどの機器を利用し
   人の五感に働きかけることによって、実際には
   存在しない場所や世界を、あたらも実現のように
   体感できる。


答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:09| Comment(0) | H30春基本情報技術者

2018年08月05日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問25

問25
H.264/MPEG-4 AVCに関する記述はどれか。

 ア インターネットで動画や音声データのストリー
   ミング配信を制御するための通信方式
 イ テレビ会議やテレビ電話で双方向のビデオ配信を
   制御するための通信方式
 ウ テレビの電子番号案内で使用される番組内容の
   メタデータを記述する方式
 エ ワンセグやインターネットで用いられる動画
   データの圧縮符号化方式



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 09:22| Comment(0) | H30春基本情報技術者

2018年08月04日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問24

問24
次のような注文データが入力されたとき、注文日が
入力日以前の営業日かどうかを検査するチェックは
どれか。

   注文データ
 ┌────┬────┬─────┬────┬─────┐
 │伝票番号│注 文 日│商品コード│ 数量 │顧客コード│
 │(文字)│(文字)│ (文字) │(数値)│ (文字) │
 └────┴────┴─────┴────┴─────┘

 ア シーケンスチェック
 イ 重複チェック
 ウ フォーマットチェック
 エ 論理チェック



答えはこちら
タグ:チェック
posted by ファーストマクロ at 09:25| Comment(0) | H30春基本情報技術者

2018年08月03日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問23

問23
真理値表に示す3入力多数決回路はどれか。

 ┌─────┬──┐
 │  入力  │出力│
 ├─┬─┬─┼──┤
 │A│B│C│ Y │
 ├─┼─┼─┼──┤
 │0│0│0│ 0 │
 ├─┼─┼─┼──┤
 │0│0│1│ 0 │
 ├─┼─┼─┼──┤
 │0│1│0│ 0 │
 ├─┼─┼─┼──┤
 │0│1│1│ 1 │
 ├─┼─┼─┼──┤
 │1│0│0│ 0 │
 ├─┼─┼─┼──┤
 │1│0│1│ 1 │
 ├─┼─┼─┼──┤
 │1│1│0│ 1 │
 ├─┼─┼─┼──┤
 │1│1│1│ 1 │
 └─┴─┴─┴──┘

 平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問23



答えはこちら
タグ:真理値表
posted by ファーストマクロ at 20:36| Comment(0) | H30春基本情報技術者

2018年08月02日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問22

問22
フラッシュメモリに関する記述として、適切なものはどれか。

 ア 高速に書換えができ、CPUのキャッシュメモリに
   用いられる。
 イ 紫外線で全データを一括消去できる。
 ウ 周期的にデータの再書込みが必要である。
 エ ブロック単位で電気的に内容の消去ができる。



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:47| Comment(0) | H30春基本情報技術者

2018年08月01日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問21

問21
アクチュエータの説明として、適切なものはどれか。

 ア 与えられた目標量と、センサから得られた制御量
   を比較し、制御量を目標量に一致させるように
   操作量を出力する。
 イ 位置、角度、速度、加速度、力、温度などを
   検出し、電気的な情報に変換する。
 ウ エネルギー発生源からのパワーを、制御信号に
   基づき、回転、並進などの動きに変換する。
 エ マイクロフォン、センサなどが出力する微小な
   電気信号を増幅する。



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 19:45| Comment(0) | H30春基本情報技術者