2019年03月20日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問40

問40
組織的なインシデント対応体制の構築や運用を支援する目的で
JPCERT/CCが作成したものはどれか。

 ア CSIRTマテリアル
 イ ISMSユーザーズガイド
 ウ 証拠保全ガイドライン
 エ 組織における内部不正防止ガイドライン



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:05| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年03月19日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問39

問39
JIS Q 27000:2014 (情報セキュリティマネジメントシステム−用語) に
おける真正性及び信頼性に対する定義 a〜d の組みのうち、適切なものは
どれか。

 〔定義〕
 a 意図する行動と結果とが一貫しているという特性
 b エンティティは、それが主張するとおりのものであるという特性
 c 認可されたエンティティが要求したときに、アクセス及び使用が可能であると
   いう特性
 d 認可されていない個人、エンティティ又はプロセスに対して、情報を使用させ
   ず、また、開示しないという特性

   ┌───┬───┐
   │真正性│信頼性│
 ┌─┼───┼───┤
 │ア│ a │ c │
 ├─┼───┼───┤
 │イ│ b │ a │
 ├─┼───┼───┤
 │ウ│ b │ d │
 ├─┼───┼───┤
 │エ│ d │ a │
 └─┴───┴───┘



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 18:57| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年03月18日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問38

問38
共通鍵暗号方式の特徴はどれか。

 ア 暗号化通信に使用する場合、鍵を相手と共有する必要があり、事前に
   平文で送付することが推奨されている。
 イ 暗号化通信をする相手が1人の場合、使用する鍵の個数は公開鍵
   暗号方式よりも多い。
 ウ 同じ程度の暗号強度をもつ鍵長を選んだ場合、公開鍵暗号方式と比較
   して、暗号化や復号に必要な時間が短い。
 エ 鍵のペアを生成し、一方の鍵で文書を暗号化すると、他方の鍵でだけ復号
   することができる。



答えはこちら
タグ:暗号化
posted by ファーストマクロ at 20:33| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年03月17日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問37

問37
AES-256 で暗号化されていることが分かっている暗号文が与えられて
いるとき、ブルートフォース攻撃で鍵と解読した平文を得るまでに必要な
試行回数の最大値はどれか。

 ア 256  イ 2128  ウ 2255  エ 2256 



答えはこちら
タグ:暗号化
posted by ファーストマクロ at 08:21| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年03月16日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問36

問36
アプリケーションソフトウェアにディジタル署名を施す目的はどれか。

 ア アプリケーションソフトウェアの改ざんを利用者が検知できるようにする。
 イ アプリケーションソフトウェアの使用を特定の利用者に制限する。
 ウ アプリケーションソフトウェアの著作権が作成者にあることを証明する。
 エ アプリケーションソフトウェアの利用者による修正や改変を不可能にする。



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 08:40| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年03月15日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問35

問35
携帯電話網で使用される通信規格の名称であり、次の三つの特徴をもつ
ものはどれか。

 (1) 全ての通信をパケット交換方式で処理する。
 (2) 複数のアンテナを使用するMIMOと呼ばれる通信方式が利用可能
   である。
 (3) 国際標準化プロジェクト3GPP (3rd Generation Partnership Project)
   で標準化されている。

 ア LTE (Long Term Evolution)
 イ MAC (Media Access Control)
 ウ MDM (Mobile Device Management)
 エ VoIP (Voice over Internet Protocol)



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 21:02| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年03月14日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問34

問34
インターネットにおける電子メールの規約で、ヘッダフィールドの拡張を
行い、テキストだけでなく、音声、画像なども扱えるようにしたものはどれか。

 ア HTML
 イ MHS
 ウ MIME
 エ SMTP



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 19:57| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年03月13日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問33

問33
TCP/IPネットワークでDNSが果たす役割はどれか。

 ア PCやプリンタなどからのIPアドレス付与の要求に対して、サーバに登録
   してあるIPアドレスの中から使用されていないIPアドレスを割り当てる。
 イ サーバにあるプログラムを、サーバのIPアドレスを意識することなく、プログ
   ラム名の指定だけで呼び出すようにする。
 ウ 社内のプライベートIPアドレスをグローバルIPアドレスに変換し、インター
   ネットへのアクセスを可能にする。
 エ ドメイン名やホスト名などとIPアドレスとを対応付ける。



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:30| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年03月12日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問32

問32
LAN間接続装置に関する記述のうち、適切なものはどれか。

 ア ゲートウェイは、OSI基本参照モデルにおける第1〜3層
   だけのプロトコルを変換する。
 イ ブリッジは、IPアドレスを基にしてフレームを中継する。
 ウ リピータは、同種のセグメント間で信号を増幅することによって
   伝送距離を延長する。
 エ ルータは、MACアドレスを基にしてフレームを中継する。



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:17| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年03月11日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問31

問31
1.5Mビット/秒の伝送路を用いて12Mバイトのデータを転送するのに
必要な伝送時間は何秒か。ここで、伝送路の伝送効率を50%とする。

 ア 16  イ 32  ウ 64  エ 128



答えはこちら
タグ:伝送時間
posted by ファーストマクロ at 20:30| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年03月10日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問30

問30
データベースが格納されている記憶媒体に故障が発生した場合、バック
アップファイルとログを用いてデータベースを回復する操作はどれか。

 ア アーカイブ
 イ コミット
 ウ チェックポイントダンプ
 エ ロールフォワード



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:19| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年03月09日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問29

問29
ロックの粒度に関する説明のうち、適切なものはどれか。

 ア データを更新するときに、粒度を大きくすると、他のトランザクション
   の待ちが多くなり、全体のスループットが低下する。
 イ 同一のデータを更新するトランザクション数が多いときに、粒度を
   大きくすると、同時実行できるトランザクション数が増える。
 ウ 表の全データを参照するときに、粒度を大きくすると、他のトランザ
   クションのデータ参照を妨げないようにできる。
 エ 粒度を大きくすると、含まれるデータ数が多くなるので、一つのトラン
   ザクションでかけるロックの個数が多くなる。



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:52| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年03月08日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問28

問28
関係XとYを自然結合した後、関係Zを得る関係代数演算はどれか。

 X            Y         Z
┌──┬────┬───┐┌───┬────┐┌────┬──┬────┐
│学生│ 氏名 │ 学部 ││ 学生 │ 学部名 ││ 学部名 │学生│ 氏名 │
│番号│    │コード││コード│    ││    │番号│    │
┝━━┿━━━━┿━━━┥┝━━━┿━━━━┥┝━━━━┿━━┿━━━━┥
│ 1 │山田太郎│ A ││ A │工学部 ││情報学部│ 2 │情報一郎│
├──┼────┼───┤├───┼────┤├────┼──┼────┤
│ 2 │情報一郎│ B ││ B │情報学部││情報学部│ 4 │技術五郎│
├──┼────┼───┤├───┼────┤└────┴──┴────┘
│ 3 │鈴木花子│ A ││ C │文学部 │
├──┼────┼───┤└───┴────┘
│ 4 │技術五郎│ B │
├──┼────┼───┤
│ 5 │小林次郎│ A │
├──┼────┼───┤
│ 6 │試験桃子│ A │
└──┴────┴───┘

 ア 射影と選択
 イ 射影と和
 ウ 選択
 エ 選択と和



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 21:28| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年03月07日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問27

問27
データ項目の命名規約を設ける場合、次の命名規約だけでは回避できない
事象はどれか。

 〔命名規約〕
 (1) データ項目名の末尾には必ず“名”、“コード”、“数”、“金額”、“年月日”
   などの区分語を付与し、区分語ごとに定めたデータ型にする。
 (2) データ項目名と意味を登録した辞書を作成し、異音同義語や同音異義
   語が発生しないようにする。

 ア データ項目“受信年月日”のデータ型として、日付型と文字列型が混在する。
 イ データ項目“受注金額”の取り得る値の範囲がテーブルによって異なる。
 ウ データ項目“賞与金額”と同じ意味で“ボーナス金額”というデータ項目がある。
 エ データ項目“取引先”が、“取引先コード” か “取引先名”か、判別できない。



答えはこちら
タグ:命名規約
posted by ファーストマクロ at 00:11| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年03月06日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問26

問26
UMLを用いて表した図のデータモデルのa、bに入れる多重度はどれか。

 〔条件〕
 (1) 部門には1人以上の社員が所属する。
 (2) 社員はいずれか一つの部門に所属する。
 (3) 社員が部門に所属した履歴を所属履歴として記録する。

 ┌─────┐     ┌─────┐     ┌─────┐
 │  部門  │     │ 所属履歴 │     │  社員  │
 ├─────┤1  a ├─────┤ b  1├─────┤
 │部門コード├─────┤開始日  ├─────┤社員コード│
 │部門名  │     │終了日  │     │氏名   │
 │:    │     │:    │     │:    │
 └─────┘     └─────┘     └─────┘
   ┌──────┬──────┐
   │   a   │   b   │
 ┌─┼──────┼──────┤
 │ア│ 0..* │ 0..* │
 ├─┼──────┼──────┤
 │イ│ 0..* │ 1..* │
 ├─┼──────┼──────┤
 │ウ│ 1..* │ 0..* │
 ├─┼──────┼──────┤
 │エ│ 1..* │ 1..* │
 └─┴──────┴──────┘




答えはこちら
タグ:UML
posted by ファーストマクロ at 21:13| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年03月05日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問25

問25
液晶ディスプレイなどの表示装置において、傾いた直線の境界を滑らかに
表示する手法はどれか。

 ア アンチエイリアシング
 イ シェーディング
 ウ テクスチャマッピング
 エ バンプマッピング



答えはこちら
タグ:表示手法
posted by ファーストマクロ at 19:00| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年03月04日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問24

問24
列車の予約システムにおいて、人間とコンピュータが音声だけで次のような
やり取りを行う。この場合に用いられるインタフェースの種類はどれか。

 〔凡例〕
  P:人間
  C:コンピュータ

P “5月28日の名古屋駅から東京駅までをお願いします。
C “ご乗車人数をどうぞ。
P “大人2名でお願いします。”
C “ご希望の発車時刻をどうぞ。”
P “午前9時頃を希望します。”
C “午前9時3分発、午前10時43分着の列車ではいかがでしょうか。”
P “それでお願いします。”
C “確認します。大人2名で、5月28日の名古屋駅午前9時3分発、
   東京駅午前10時43分着の列車でよろしいでしょうか。”
P “はい。”

 ア 感性インタフェース
 イ 自然言語インタフェース
 ウ ノンバーバルインタフェース
 エ マルチモーダルインタフェース



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 19:53| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年03月03日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問23

問23
二次電池 (充電式電池) はどれか。

 ア アルカリマンガン乾電池
 イ 酸化銀電池
 ウ 燃料電池
 エ リチウムイオン電池



答えはこちら
タグ:二次電池
posted by ファーストマクロ at 09:15| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年03月02日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問22

問22
2入力NAND素子を用いて4入力NAND回路を構成したものはどれか。

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問22



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 10:14| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年03月01日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問21

問21
DRAMの説明として、適切なものはどれか。

 ア 1バイト単位でデータの消去及び書込みが可能な不揮発性のメモリであり、
   電源遮断時もデータ保持が必要な用途に用いられる。
 イ 不揮発性のメモリでNAND型又はNOR型があり、SSDに用いられる。
 ウ メモリセルはフリップフロップで構成され、キャッシュメモリに用いられる。
 エ リフレッシュ動作が必要なメモリであり、PCの主記憶として用いられる。



答えはこちら
タグ:DRAM
posted by ファーストマクロ at 20:28| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年02月28日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問20

問20
リンカの機能として、適切なものはどれか。

 ア 作成したプログラムをライブラリに登録する。
 イ 実行に先立ってロードモジュールを主記憶にロードする。
 ウ 相互参照の解決などを行い、複数の目的モジュールなどから一つの
   ロードモジュールを生成する。
 エ プログラムの実行を監視し、ステップごとに実行結果を記録する。



答えはこちら
タグ:リンカ
posted by ファーストマクロ at 20:34| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年02月27日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問19

問19
手続型言語のコンパイラが行う処理のうち、最初に行う処理はどれか。

 ア 意味解析
 イ 構文解析
 ウ 最適化
 エ 字句解析



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:37| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年02月26日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問18

問18
スケジューリングに関する記述のうち、ラウンドロビン方式の説明として、
適切なものはどれか。

 ア 各タスクに、均等にCPU時間を割り当てて実行させる方式である。
 イ 各タスクに、ターンアラウンドタイムに比例したCPU時間を割り当てて
   実行させる方式である。
 ウ 各タスクの実行イベント発生に応じて、リアルタイムに実行させる方式
   である。
 エ 各タスクを、優先度の高い順に実行させる方式である。



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:06| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年02月25日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問17

問17
スプーリング機能の説明として、適切なものはどれか。

 ア あるタスクを実行しているときに、入出力命令の実行によってCPUが
   遊休 (アイドル) 状態になると、他のタスクにCPUを割り当てる。
 イ 実行中のプログラムを一時中断して、制御プログラムに制御を移す。
 ウ 主記憶装置と低速の入出力装置との間のデータ転送を、補助記憶
   装置を介して行うことによって、システム全体の処理能力を高める。
 エ 多数のバッファから成るバッファプールを用意し、主記憶装置にあるバッ
   ファにアクセスする確率を上げることによって、補助記憶装置のアクセス
   時間を短縮する。



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:07| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年02月24日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問16

問16
三つのタスクの優先度と、各タスクを単独で実行した場合のCPUと入出力 (I/O)
装置の動作順序と処理時間は、表のとおりである。優先度方式のタスクスケジュー
リングを行うOSの下で、三つのタスクが同時に実行可能状態になってから、全ての
タスクの実行が終了するまでの、CPUの遊休時間は何ミリ秒か。ここで、CPUは
1個であり、1CPUは1コアで構成され、I/Oは競合せず、OSのオーバヘッドは
考慮しないものとする。また、表中の ( ) 内の数字は処理時間を示すものとする。

 ┌───┬───────────────────┐
 │優先度│単独実行時の動作順序と処理時間(ミリ秒)│
 ├───┼───────────────────┤
 │ 高 │CPU(3) → I/O(5) → CPU(2)│
 ├───┼───────────────────┤
 │ 中 │CPU(2) → I/O(6) → CPU(2)│
 ├───┼───────────────────┤
 │ 低 │CPU(1) → I/O(5) → CPU(1)│
 └───┴───────────────────┘
 
 ア 2  イ 3  ウ 4  エ 5


答えはこちら
タグ:優先度
posted by ファーストマクロ at 09:09| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年02月23日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問15

問15
東京と福岡を結ぶ実線の回線がある。東京と福岡の間の信頼性を向上させる
ために、大阪を経由する破線の迂回回線を追加した。迂回回線追加後における、
東京と福岡の間の稼働率は幾らか。ここで、回線の稼働率は、東京と福岡、
東京と大阪、大阪と福岡の全てが0.9とする。

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問15

 ア 0.729  イ 0.810  ウ 0.981  エ 0.999



答えはこちら
タグ:稼働率
posted by ファーストマクロ at 10:02| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年02月22日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問14

問14
稼働状況が継続的に監視されているシステムがある。稼働して数年後に
新規業務をシステムに適用する場合に実施する、キャパシティプランニングの
作業項目の順序として、適切なものはどれか。

〔キャパシティプランニングの作業項目〕
 @ システム構成の案について、適正なものかどうかを評価し、必要があ
  れば見直しを行う。
 A システム特性に合わせて、サーバの台数、並列分散処理の実施の
  有無など、必要なシステム構成の案を検討する。
 B システムの稼働状況から、ハードウェアの性能情報やシステム固有の
   環境を把握する。
 C  利用者などに新規業務をヒアリングし、想定される処理件数や処理に
  要する時間といったシステムに求められる要件を把握する。

 ア B、A、C、@  イ B、C、A、@
 ウ C、A、@、B  エ C、B、@、A



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 21:48| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年02月21日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問13

問13
Webシステムにおいて、Webサーバとアプリケーション (AP) サーバを異なる
物理サーバに配置する場合のメリットとして、適切なものはどれか。

 ア Webサーバにクライアントの実行環境が実装されているので、リクエストの
   たびにクライアントとAPサーバの間で画面データをやり取りする必要がなく、
   データ通信量が少なくて済む。
 イ Webブラウザの文字コード体系と APサーバの文字コード体系の違いを
   Webサーバが吸収するので、文字化けが発生しない。
 ウ データへのアクセスを伴う業務ロジックは、Webサーバのプログラムに配置
   されているので、業務ロジックの変更に伴って、APサーバのプログラムを変更
   する必要がない。
 エ 負荷が軽い静的コンテンツへのリクエストは Webサーバで処理し、負荷が
   重い動的コンテンツへのリクエストは APサーバで処理するように、クライアント
   からのリクエストの種類に応じて処理を分担できる。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 21:02| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年02月20日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問12

問12
USB3.0の説明として、適切なものはどれか。

 ア  1クロックで2ビットの情報を伝送する4対の信号線を
   使用し、最大1Gビット/秒のスループットをもつインタ
   フェースである。
 イ  PCと周辺機器とを接続するATA仕様をシリアル化
   したものである。
 ウ  音声、映像などに適したアイソクロナス転送を採用して
   おり、ブロードキャスト転送モードをもつシリアルインター
   フェースである。
 エ  スーパースピードと呼ばれる5Gビット/秒のデータ転送
   モードを持つシリアルインタフェースである。



答えはこちら
タグ:USB3.0
posted by ファーストマクロ at 20:55| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年02月19日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問11

問11
メモリのエラー検出及び訂正にECCを利用している。データバス幅2nビットに
対して冗長ビットがn+2ビット必要なとき、128ビットのデータバス幅に必要な
冗長ビットは何ビットか。

 ア 7  イ 8  ウ 9  エ 10



答えはこちら
タグ:エラー検出
posted by ファーストマクロ at 19:41| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年02月18日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問10

問10
割込み処理の終了後に、割込みによって中断された処理を割り込まれた
場所から再開するために、割込み発生時にプロセッサが保存するものはどれか。

 
 ア インデックスレジスタ
 イ データレジスタ
 ウ プログラムカウンタ
 エ 命令レジスタ



答えはこちら
タグ:レジスタ
posted by ファーストマクロ at 20:59| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年02月17日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問9

問9
動作クロック周波数が700MHzのCPUで、命令実行に
必要なクロック数及びその命令の出現率が表に示す値で
ある場合、このCPUの性能は約何MIPSか。

┌───────────┬────────┬─────┐
│   命令の種別   │命令実行に必要な│出現率(%)│
│           │ クロック数  │     │
├───────────┼────────┼─────┤
│レジスタ間演算    │    4    │  30  │
├───────────┼────────┼─────┤
│メモリ・レジスタ間演算│    8    │  60  │
├───────────┼────────┼─────┤
│無条件分岐      │   10   │  10  │
└───────────┴────────┴─────┘

 ア 10  イ 50  ウ 70  エ 100



答えはこちら
タグ:クロック数
posted by ファーストマクロ at 14:49| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年02月16日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問8

問8
Javaの特徴はどれか。

 ア オブジェクト指向言語であり、複数のスーパクラスを指定する多重
   継承が可能である。
 イ 整数や文字は常にクラスとして扱われる。
 ウ ポインタ型があるので、メモリ上のアドレスを直接参照できる。
 エ メモリ管理のためのガーベジコレクションの機能がある。



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 22:17| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年02月15日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問7

問7
プログラムのコーディング規約に規定する事項のうち、適切なものはどれか。

 ア 局所変数は、用途が異なる場合でもデータ型が同じならば、できるだけ
   同一の変数を使うようにする。
 イ 処理性能を向上させるために、ループの制御変数には浮動小数点型
   変数を使用する。
 ウ 同様の計算を何度も繰り返すときは、関数の再帰呼出しを用いる。
 エ 領域割付け関数を使用するときは、割付けができなかったときの処理を
   記述する。



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:23| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年02月14日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問6

問6
クイックソートの処理方法を説明したものはどれか。

 ア 既に整列済みのデータ列の正しい位置に、データを追加する操作を
   繰り返していく方法である。
 イ データ中の最小値を求め、次にそれを除いた部分の中から最小値を
   求める。この操作を繰り返していく方法である。
 ウ 適当な基準値を選び、それよりも小さな値のグループと大きな値の
   グループに データを分割する。同様にして、グループの中で基準値を選び、
   それぞれのグル ープを分割する。この操作を繰り返していく方法である。
 エ 隣り合ったデータの比較と入替えを繰り返すことによって、小さな値の
   データを次第に端の方に移していく方法である。



答えはこちら
タグ:ソート
posted by ファーストマクロ at 20:54| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年02月13日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問5

問5
待ち行列に対する操作を、次のとおり定義する。
 ENQ n :待ち行列にデータ n を挿入する。
 DEQ:  待ち行列からデータを取り出す。
空の待ち行列に対し、ENQ 1、ENQ 2、ENQ 3、DEQ、ENQ 4、
ENQ 5、DEQ、ENQ 6、DEQ、DEQ の操作を行った。次に DEQ
操作を行ったとき、取り出されるデータはどれか。

 ア 1  イ 2  ウ 5  エ 6



答えはこちら
タグ:待ち行列
posted by ファーストマクロ at 21:01| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年02月12日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問4

問4
出現頻度の異なる A、B、C、D、Eの5文字で構成される通信データを、
ハフマン符号化を使って圧縮するために、符号表を作成した。a に入る符号
として、適切なものはどれか。


 ┌──┬──────┬────┐
 │文字│出現頻度(%)│ 符号 │
 ├──┼──────┼────┤
 │ A │  26  │ 00 │
 ├──┼──────┼────┤
 │ B │  25  │ 01 │
 ├──┼──────┼────┤
 │ C │  24  │ 10 │
 ├──┼──────┼────┤
 │ D │  13  │  a 
 ├──┼──────┼────┤
 │ E │  12  │ 111 │
 └──┴──────┴────┘

 ア 001  イ 010  ウ 101  エ 110 



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 19:34| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年02月11日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問3

問3
AI における機械学習の説明として、最も適切なものはどれか。

 ア 記憶したデータから特定のパターンを見つけ出すなどの、人が自然に
   行っている学習能力をコンピュータにもたせるための技術
 イ コンピュータ、機械などを使って、生命現象や進化のプロセスを再現する
   ための技術
 ウ 特定の分野の専門知識をコンピュータに入力し、入力された知識を
   用いてコンピュータが推論する技術
 エ 人が双方向学習を行うために、Webシステムなどの情報技術を用いて、
   教材や学習管理能力をコンピュータにもたせるための技術



答えはこちら
タグ:ai
posted by ファーストマクロ at 09:10| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年02月10日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問2

問2
次に示す手順は、列中の少なくとも一つは1であるビット列が与えられたとき、
最も右にある1を残し、他のビットをすべて0にするアルゴリズムである。
例えば、00101000が与えられたとき、00001000が求まる。a に入る
論理演算はどれか。

 手順1 与えられたビット列Aを符号なしの2進数と見なし、Aから1を引き、
     結果をBとする。
 手順2 AとBの排他的論理和 (XOR) を求め,結果をCとする。
 手順3 AとCの  a  を求め、結果をAとする。

 ア 排他的論理和(XOR)
 イ 否定論理積 (NAND)
 ウ 論理積 (AND)
 エ 論理和 (OR)



答えはこちら
タグ:ビット列
posted by ファーストマクロ at 08:03| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年02月09日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問1

問1
16進数の小数0.248を10進数の分数で表したものはどれか。

 ア 31/32
 イ 31/125
 ウ 31/512
 エ 73/512



答えはこちら
タグ:2進数
posted by ファーストマクロ at 10:31| Comment(0) | H30秋基本情報技術者