2019年06月10日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問40

問40

DNSSECについての記述のうち、適切なものはどれか。

ア DNSサーバへの問合せ時の送信元ポート番号をランダムに選択することによって、DNS問合せへの不正な応答を防止する。

イ DNSの再帰的な問合せの送信元として許可するクライアントを制限することによって、DNSを悪用したDoS攻撃を防止する。

ウ 共通鍵暗号方式によるメッセージ認証を用いることによって、正当なDNSサーバからの応答であることをクライアントが検証できる。

エ 公開鍵暗号方式によるディジタル署名を用いることによって、正当なDNSサーバからの応答であることをクライアントが検証できる。




答えはこちら
タグ:DNSSEC
posted by ファーストマクロ at 00:33| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年06月09日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問39

問39

ディジタルフォレンジックスの手順を収集、検査、分析、報告に分けたとき、そのいずれかに該当するものはどれか。

ア サーバとネットワーク機器のログをログ管理サーバに集約し、リアルタイムに相関分析することによって、不正アクセスを検出する。

イ ディスクを解析し、削除されたログファイルを復元することによって、不正アクセスの痕跡を発見する。

ウ 電子メールを外部に送る際に、本文及び添付ファイルを暗号化することによって、情報漏えいを防ぐ。

エ プログラムを実行する際に、プログラムファイルのハッシュ値と脅威情報を突き合わせることによって、マルウェアを発見する。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 16:11| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年06月08日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問38

問38

パスワードクラック手法の一種である、レインボー攻撃に該当するものはどれか。

ア 何らかの方法で事前に利用者IDと平文のパスワードのリストを入手しておき、複数のシステム間で使い回されている利用者IDとパスワードの組みを狙って、ログインを試行する。

イ パスワードに成り得る文字列の全てを用いて、総当たりでログインを試行する。

ウ  平文のパスワードとハッシュ値をチェーンによって管理するテーブルを準備しておき、それを用いて、不正に入手したハッシュ値からパスワードを解読する。

エ 利用者の誕生日や電話番号などの個人情報を言葉巧みに聞き出して、パスワードを類推する。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 07:08| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年06月07日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問37

問37

リスクベース認証の特徴はどれか。

ア いかなる環境からの認証の要求においても認証方法を変更せずに、同ーの手順によって普段どおりにシステムが利用できる。

イ ハードウェアトークンとパスワードを併用させるなど、認証要求元の環境によらず常に二つの認証方式を併用することによって、安全性を高める。

ウ 普段と異なる環境からのアクセスと判断した場合、追加の本人認証をすることによって、不正アクセスに対抗し安全性を高める。

エ 利用者が認証情報を忘れ、かつ、Webブラウザに保存しているパスワード情報も使用できない場合でも、救済することによって、利用者は普段どおりにシステムを利用できる。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 19:41| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年06月06日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問36

問36

情報セキュリティにおけるエクスプロイトコードの説明はどれか。 

ア 同じセキュリティ機能をもつ製品に乗り換える場合に、CSV形式など他の製品に取り込むことができる形式でファイルを出力するプログラム

イ コンピュータに接続されたハードディスクなどの外部記憶装置や、その中に保存されている暗号化されたファイルなどを閲覧、管理するソフトウェア

ウ セキュリティ製品を設計する際の早い段階から実際に動作する試作品を作成し、それに対する利用者の反応を見ながら徐々に完成に近づける開発手法

エ ソフトウェアやハードウェアの脆ぜい弱性を検査するために作成されたプログラム




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 08:00| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年06月05日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問35

問35

Webサーバを使ったシステムにおいて、インターネットから受け取ったリクエストをWebサーバに中継する仕組みはどれか。

ア DMZ

イ フォワードプロキシ

ウ プロキシARP

エ リバースプロキシ




答えはこちら
タグ:プロキシ
posted by ファーストマクロ at 16:36| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年06月04日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問34

問34

次のIPアドレスとサブネットマスクをもつPCがある。このPCのネットワークアドレスとして、適切なものはどれか。

 IPアドレス:   10.170.70.19
 サブネットマスク: 255.255.255.240

ア 10.170.70.0

イ 10.170.70.16

ウ 10.170.70.31

エ 10.170.70.255




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:20| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年06月03日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問33

問33

図のようなIPネットワークのLAN環境で、ホストAからホストBにパケットを送信する。LAN1において、パケット内のイーサネットフレームの宛先とIPデータグラムの宛先の組合せとして、適切なものはどれか。ここで、図中のMACn/IPmはホスト又はルータがもつインタフェースのMACアドレスとIPアドレスを示す。

 平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問33

  ┌─────────────┬───────────┐
  │イーサネットフレームの宛先│IPデータグラムの宛先│
┌─┼─────────────┼───────────┤
│ア│     MAC2     │    IP2    │
├─┼─────────────┼───────────┤
│イ│     MAC2     │    IP3    │
├─┼─────────────┼───────────┤
│ウ│     MAC3     │    IP2    │
├─┼─────────────┼───────────┤
│エ│     MAC3     │    IP3    │
└─┴─────────────┴───────────┘




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:08| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年06月02日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問32

問32

インターネット接続において、複数のISPの回線を使用した冗長化構成を表す用語はどれか。

ア IP−VPN

イ インターネットVPN

ウ 広域イーサネット

エ マルチホーミング




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:10| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年06月01日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問31

問31

プライベートIPアドレスを割り当てられたPCがNAPT (IPマスカレード) 機能をもつルータを経由して、インターネット上のWebサーバにアクセスしている。WebサーバからPCへの応答パケットに含まれるヘッダ情報のうち、このルータで書き換えられるフィールドの組合せとして、適切なものはどれか。ここで、表中の〇はフィールドの情報が書き換えられることを表す。
   ┌─────┬─────┬─────┬─────┐
   │ 宛先IP │送信元IP│ 宛 先 │ 送信元 │
   │ アドレス │ アドレス │ポート番号│ポート番号│
 ┌─┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │ア│  ○  │  ○  │     │     │
 ├─┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │イ│  ○  │     │  ○  │     │
 ├─┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │ウ│     │  ○  │     │  ○  │
 ├─┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │エ│     │     │  ○  │  ○  │
 └─┴─────┴─────┴─────┴─────┘





答えはこちら
タグ:NAPT
posted by ファーストマクロ at 00:04| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月31日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問30

問30

トランザクションのACID特性のうち、一貫性 (consistency) の説明はどれか。 

ア 整合性のとれたデータベースに対して、トランザクション実行後も整合性が取れている性質である。

イ 同時実行される複数のトランザクションは互いに干渉しないという性質である。

ウ トランザクションは、完全に実行が完了するか、全く実行されなかったかの状態しかとらない性質である。

エ ひとたびコミットすれば、その後どのような障害が起こっても状態の変更が保たれるという性質である。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 19:59| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月30日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問29

問29

ビッグデータのデータ貯蔵場所であるデータレイクの特徴として、適切なものはどれか。 

ア あらゆるデータをそのままの形式や構造で格納しておく。

イ データ量を抑えるために、データの記述情報であるメタデータは格納しない。

ウ データを格納する前にデータ利用方法を設計し、それに沿ってスキーマをあらかじめ定義しておく。

エ テキストファイルやバイナリデータなど、格納するデータの形式に応じてリポジトリを使い分ける。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:09| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月28日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問28

問28

過去3年分の記録を保存している“試験結果”表から、2018年度の平均点数が600点以上となったクラスのクラス名と平均点数の一覧を取得するSQL文はどれか。ここで、実線の下線は主キーを表す。

  試験結果 (学生番号, 受験年月日, 点数, クラス名)

ア SELECT クラス名, AVG(点数), FROM 試験結果
  GROUP BY クラス名 HAVING AVG(点数) >= 600

イ SELECT クラス名, AVG(点数), FROM 試験結果
  WHERE 受験年月日 BETWEEN ‘2018-04-01’ AND ‘2019-03-31’
  GROUP BY クラス名 HAVING AVG(点数) >= 600

ウ SELECT クラス名, AVG(点数), FROM 試験結果
  WHERE 受験年月日 BETWEEN ‘2018-04-01’ AND ‘2019-03-31’
  GROUP BY クラス名 HAVING 点数 >= 600

エ SELECT クラス名, AVG(点数), FROM 試験結果
  WHERE 点数 >= 600
  GROUP BY クラス名
  HAVING (MAX(受験年月日)
   BETWEEN ‘2018-04-01’ AND ‘2019-03-31’)




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:19| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月27日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問27

問27

RDBMSにおいて、特定の利用者だけに表を更新する権限を与える方法として、適切なものはどれか。

ア CONNECT文で接続を許可する。

イ CREATE ASSERTION文で表明して制限する。

ウ CREATE TABLE文の参照制約で制限する。

エ GRANT文で許可する。




答えはこちら答えはこちら
タグ:RDBMS
posted by ファーストマクロ at 00:14| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月26日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問26

問26

データベースを記録媒体にどのように格納するかを記述したものはどれか。

ア 概念スキーマ

イ 外部スキーマ

ウ サブスキーマ

エ 内部スキーマ




答えはこちら
タグ:スキーマ
posted by ファーストマクロ at 07:47| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月25日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問25

問25

コンピュータグラフィックスにおける、レンダリングに関する記述として、適切なものはどれか。 

ア 異なる色のピクセルを混ぜて配置することによって、中間色を表現すること

イ 複数の静止画を1枚ずつ連続表示することによって、動画を作ること

ウ 物体の表面に陰影を付けたり、光を反射させたりして、画像を作ること

エ 物体をワイヤフレーム、ポリゴンなどを用いて、モデル化すること




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 06:13| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月24日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問24

問24

コードの値からデータの対象物が連想できるものはどれか。

ア シーケンスコード

イ デシマルコード

ウ ニモニックコード

エ ブロックコード




答えはこちら
タグ:コード
posted by ファーストマクロ at 19:42| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月23日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問23

問23

次の二つの回路の入力に値を与えたとき、表の入力A、B、C、Dと出力E、Fの組合せのうち、全ての素子が論理積素子で構成された左側の回路だけで成立するものはどれか。
平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問23

ア┌───────┬───┐
 │  入 力  │ 出力 │
 ├─┬─┬─┬─┼─┬─┤
 │A│B│C│D│E│F│
 ├─┼─┼─┼─┼─┼─┤
 │0│0│0│0│0│0│
 └─┴─┴─┴─┴─┴─┘
イ┌───────┬───┐
 │  入 力  │ 出力 │
 ├─┬─┬─┬─┼─┬─┤
 │A│B│C│D│E│F│
 ├─┼─┼─┼─┼─┼─┤
 │0│0│1│1│1│1│
 └─┴─┴─┴─┴─┴─┘
ウ┌───────┬───┐
 │  入 力  │ 出力 │
 ├─┬─┬─┬─┼─┬─┤
 │A│B│C│D│E│F│
 ├─┼─┼─┼─┼─┼─┤
 │1│1│0│1│0│0│
 └─┴─┴─┴─┴─┴─┘
エ┌───────┬───┐
 │  入 力  │ 出力 │
 ├─┬─┬─┬─┼─┬─┤
 │A│B│C│D│E│F│
 ├─┼─┼─┼─┼─┼─┤
 │1│1│1│1│1│1│
 └─┴─┴─┴─┴─┴─┘




答えはこちら
タグ:回路
posted by ファーストマクロ at 20:10| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月22日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問22

問22

音声を標本化周波数10kHz、量子化ビット数16ビットで4秒間サンプリングして音声データを取得した。この音声データを、圧縮率1/4のADPCM を用いて圧縮した場合のデータ量は何kバイトか。ここで、1kバイトは1、000バイトとする。

ア 10   イ 20   ウ 80   エ 160




答えはこちら
タグ:標本化
posted by ファーストマクロ at 19:30| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月21日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問21

問21

アクチュエータの機能として、適切なものはどれか。

ア アナログ電気信号を、コンピュータが処理可能なディジタル信号に変える。

イ キーボード、タッチパネルなどに使用され、コンピュータに情報を入力する。

ウ コンピュータが出力した電気信号を力学的な運動に変える。

エ 物理量を検出して、電気信号に変える。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 18:18| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月20日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問20

問20

DRAMのメモリセルにおいて、情報を記憶するために利用されているものはどれか。

ア コイル

イ コンデンサ

ウ 抵抗

エ フリップフロップ




答えはこちら
タグ:DRAM
posted by ファーストマクロ at 21:19| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月19日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問19

問19

仮想記憶管理におけるページ置換えアルゴリズムとしてLRU方式を採用する。主記憶のページ枠が、4000、5000、6000、7000番地 (いずれも16進数) の4ページ分で、プログラムが参照するページ番号の順が、1→2→3→4→2→5→3→1→6→5→4のとき、最後の参照ページ4は何番地にページインされているか。ここで、最初の1→2→3→4の参照で、それぞれのページは4000、5000、6000、7000番地にページインされるものとする。

ア 4000  イ 5000  ウ 6000  エ 7000




答えはこちら
タグ:LRU
posted by ファーストマクロ at 08:10| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月18日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問18

問18

二つのタスクが共用する二つの資源を排他的に使用するとき、デッドロックが発生するおそれがある。このデッドロックの発生を防ぐ方法はどれか。

ア 一方のタスクの優先度を高くする。

イ 資源獲得の順序を両方のタスクで同じにする。

ウ 資源獲得の順序を両方のタスクで逆にする。

エ 両方のタスクの優先度を同じにする。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 08:22| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月17日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問17

問17

プログラムの実行時に利用される記憶領域にスタック領域とヒープ領域がある。それらの領域に関する記述のうち、適切なものはどれか。

ア サブルーチンからの戻り番地の退避にはスタック領域が使用され、割当てと解放の順序に関連がないデータの格納にはヒープ領域が使用される。

イ スタック領域には未使用領域が存在するが、ヒープ領域には未使用領域は存在しない。

ウ ヒープ領域はスタック領域の予備領域であり、スタック領域が一杯になった場合にヒープ領域が動的に使用される。

エ ヒープ領域も構造的にはスタックと同じプッシュとポップの操作によって、データの格納と取出しを行う。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 19:59| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月16日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問16

問16

五つのジョブA〜Eに対して、ジョブの多重度が1で、処理時間順方式のスケジューリングを適用した場合、ジョブBのターンアラウンドタイムは何秒か。ここで、OSのオーバヘッドは考慮しないものとする。

                 単位 秒
 ┌───┬────┬──────────┐
 │ジョブ│到着時刻│単独実行時の処理時間│
 ├───┼────┼──────────┤
 │ A │  0  │     2     │
 ├───┼────┼──────────┤
 │ B │  1  │     4     │
 ├───┼────┼──────────┤
 │ C │  2  │     3     │
 ├───┼────┼──────────┤
 │ D │  3  │     2     │
 ├───┼────┼──────────┤
 │ E │  4  │     1     │
 └───┴────┴──────────┘

ア 8  イ 9  ウ 10  エ 11




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 19:56| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月15日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問15

問15

あるクライアントサーバシステムにおいて、クライアントから要求された1件の検索を処理するために、サーバで平均100万命令が実行される。1件の検索につき、ネットワーク内で転送されるデータは平均2×105 バイトである。このサーバの性能は100MIPSであり、ネットワークの転送速度は、8×107 ビット/秒である。このシステムにおいて、1秒間に処理できる検索要求は何件か。ここで、処理できる件数は、サーバとネットワークの処理能力だけで決まるものとする。また、1バイトは8ビットとする。

ア 50  イ 100  ウ 200  エ 400




答えはこちら
タグ:検索速度
posted by ファーストマクロ at 19:51| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月14日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問14

問14

キャッシュサーバを利用した検索処理の平均応答時間は、キャッシュサーバでヒットした場合には0.2秒、ヒットしない場合には2.2秒である。現在の平均検索応答時間は、1.0秒である。3年後のキャッシュサーバのヒット率、検索量の増加によって現状の半分になると予測されている。3年後の平均検索応答時間は何秒か。ここで、その他のオーバヘッドは考慮しない。

ア 1.1  イ 1.3  ウ 1.6  エ 1.9




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:48| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月13日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問13

問13

稼働率が等しい装置を直列や並列に組み合わせたとき、システム全体の稼働率を高い順に並べたものはどれか。ここで、各装置の稼働率は0よりも大きく1未満である。

 A┌──┐  B    ┌──┐  C┌──┐ ┌──┐ 
 ┌┤  ├┐     ┌┤  ├┐ ┌┤  ├─┤  ├┐
 │└──┘│ ┌──┐│└──┘│ │└──┘ └──┘│
 ┤    ├ ┤  ├┤    ├ ┤         ├
 │┌──┐│ └──┘│┌──┐│ │┌──┐ ┌──┐│
 └┤  ├┘     └┤  ├┘ └┤  ├─┤  ├┘
  └──┘       └──┘   └──┘ └──┘ 

ア A、B、C

イ A、C、B

ウ C、A、B

エ C、B、A




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:42| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月12日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問12

問12

Webサーバ、アプリケーション (AP) サーバ及びデータベース (DB) サーバが各1台で構成されるWebシステムにおいて、次の3種類のタイムアウトを設定した。タイムアウトに設定する時間の長い順に並べたものはどれか。ここで、トランザクションはWebリクエスト内で処理を完了するものとする。

〔タイムアウトの種類〕
@ APサーバのAPが、処理を開始してから終了するまで
A APサーバのAPにおいて、DBアクセスなどのトランザクションを開始してから終了するまで
B Webサーバが、APサーバにリクエストを送信してから返信を受けるまで

ア @、B、A

イ A、@、B

ウ B、@、A

エ B、A、@




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 07:37| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月11日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問11

問11

ZigBeeの説明として、適切なものはどれか。 

ア 携帯電話などのモバイル端末とヘッドセットなどの周辺機器とを接続するための近距離無線通信として使われる。

イ 赤外線を利用して実現される無線通信であり、テレビ、エアコンなどのリモコンに使われる。

ウ 低消費電力で低速の通信を行い、センサネットワークなどに使われる。

エ 連絡用、業務用などに利用される小型の携帯型トランシーバに使われる。




答えはこちら
タグ:無線通信
posted by ファーストマクロ at 08:08| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月10日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問10

問10

バス幅が16ビット、メモリサイクルタイムが80ナノ秒で連続して動作できるメモリがある。このメモリのデータ転送速度は何Mバイト/秒か。ここで、Mは106を表す。 

ア 12.5  イ 25  ウ 160  エ 200




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:20| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月09日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問9

問9

同一メモリ上で転送するとき、転送元の開始アドレス、転送先の開始アドレス、方向フラグ及び転送語数をパラメタとして指定することによってブロック転送ができるCPUがある。図のようにアドレス 1001 から 1004 の内容をアドレス 1003 から 1006 に転送するとき、パラメタとして適切なものはどれか。ここで、転送は開始アドレスから1語ずつ行われ、方向フラグに 0 を指定するとアドレスの昇順に、1 を指定するとアドレスの降順に転送を行うものとする。
平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問9

  ┌──────┬──────┬───┬──┐
  │転送元の  │転送先の  │方向 │転送│
  │開始アドレス│開始アドレス│フラグ│語数│
┌─┼──────┼──────┼───┼──┤
│ア│ 1001 │ 1003 │ 0 │ 4 │
├─┼──────┼──────┼───┼──┤
│イ│ 1001 │ 1003 │ 1 │ 4 │
├─┼──────┼──────┼───┼──┤
│ウ│ 1004 │ 1006 │ 0 │ 4 │
├─┼──────┼──────┼───┼──┤
│エ│ 1004 │ 1006 │ 1 │ 4 │
└─┴──────┴──────┴───┴──┘




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:03| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月08日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問8

問8

スーパスカラの説明として、適切なものはどれか。

ア 一つのチップ内に複数のプロセッサコアを実装し、複数のスレッドを並列に実行する。

イ 一つのプロセッサコアで複数のスレッドを切り替えて並列に実行する。

ウ 一つの命令で、複数の異なるデータに対する演算を、複数の演算器を用いて並列に実行する。

エ 並列実行可能な複数の命令を、複数の演算器に振り分けることによって並列に実行する。






答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:56| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月07日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問7

問7

JavaScript の言語仕様のうち、オブジェクトの表記法などの一部の仕様を基にして規定したものであって、“名前と値の組みの集まり”と“値の順序付きリスト”の二つの構造に基づいてオブジェクトを表現する、データ記述の仕様はどれか。  

ア DOM

イ JSON

ウ SOAP

エ XML



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:04| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月06日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問6

問6

次の手順はシェルソートによる整列を示している。データ列7、2、8、3、1、9、4、5、6を手順(1)〜(4) に従って整列するとき、手順 (3) を何回繰り返して完了するか。ここで、[ ] は小数点以下を切り捨てた結果を表す。

〔手順〕
 (1) “H←[データ数÷3]”とする。
 (2) データ列を、互いにH要素分だけ離れた要素の集まりからなる部分列とし、それぞれの部分列を、
   挿入法を用いて整列する。
 (3) “H←[H÷3]”とする。
 (4) Hが0であればデータ列の整列は完了し、0でなければ (2) にもどる。

ア 2  イ 3  ウ 4  エ 5



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 07:42| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月05日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問5

問5

要求に応じて可変量のメモリを割り当てるメモリ管理方式がある。要求量以上の大きさをもつ空き領域のうちで最小のものを割り当てる最適適合 (best-fit) アルゴリズムを用いる場合、空き領域を管理するためのデータ構造として、メモリ割当て時の平均処理時間が最も短いものはどれか。

ア 空き領域のアドレスをキーとする2分探索木

イ 空き領域の大きさが小さい順の片方向連結リスト

ウ 空き領域の大きさをキーとする2分探索木

エ アドレスに対応したビットマップ



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 08:53| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月04日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問4

問4

家庭用ゲーム機に採用され、自動車の先端運転支援システムにも使われる距離画像センサの一つである、TOF (Time of Flight) 方式のセンサの説明として、適切なものはどれか。

ア 光源から射出されたレーザなどの光が、対象物に反射してセンサに届くまでの時間を利用して距離を測定する。

イ ステレオカメラによって、三角測量の原理を利用して距離を測定する。

ウ 単眼カメラによって、道路の幅や車線は無限遠の地平線で一点に収束するという遠近法の原理を利用して距離を測定する。

エ 複数の衛星からの電波を受け取り、電波に含まれる情報から発信と受信の時刻差を求め、電波の伝播速度をかけることによって、各衛星との距離を割り出し、それを基に緯度及び経度を特定する。



答えはこちら
タグ:TOF方式
posted by ファーストマクロ at 07:37| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月03日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問3

問3

AIにおけるディープラーニングに関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア あるデータから結果を求める処理を、人間の脳神経回路のように多層の処理を 重ねることによって、複雑な判断をできるようにする。

イ 大量のデータからまだ知られていない新たな規則や仮説を発見するために、想定値から大きく外れている例外事項を取り除きながら分析を繰り返す手法である。

ウ 多様なデータや大量のデータに対して、三段論法,、統計的手法やパターン認識手法を組み合わせることによって、高度なデータ分析を行う手法である。

エ 知識がルールに従って表現されており、演繹手法を利用した推論によって有意な結論を導く手法である。



答えはこちら
タグ:AI
posted by ファーストマクロ at 07:45| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月02日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問2

問2

桁落ちによる誤差の説明として、適切なものはどれか。

ア 値がほぼ等しい二つの数値の差を求めたとき、有効桁数が減ることによって発生する誤差

イ 指定された有効桁数で演算結果を表すために、切捨て、切上げ、四捨五入などで下位の桁を削除することによって発生する誤差

ウ 絶対値の非常に大きな数値と小さな数値の加算や減算を行ったとき、小さい数値が計算結果に反映されないことによって発生する誤差

エ 無限級数で表される数値の計算処理を有限項で打ち切ったことによって発生する誤差



答えはこちら
タグ:桁落ち
posted by ファーストマクロ at 07:53| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月01日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問1

問1

0以上255以下の整数 n に対して、

 next (n) = n +1 ( 0 ≦ n < 255 )、0 (n = 255)

と定義する。 next (n) と等しい式はどれか。ここで、x AND y 及び x OR y は、それぞれ x と y を2進数表現にして、桁ごとの論理積及び論理和をとったものとする。

ア (n + 1) AND 255

イ (n + 1) AND 256

ウ (n + 1) OR 255

エ (n + 1) OR 256



答えはこちら
タグ:ビット演算
posted by ファーストマクロ at 08:09| Comment(0) | H31春応用情報技術者