2020年05月31日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問40

問40

ディジタル署名における署名鍵の使い方と、ディジタル署名を行う目的のうち、適切なものはどれか。

ア 受信者が署名鍵を使って、暗号文を元のメッセージに戻すことができるようにする。

イ 送信者が固定文字列を付加したメッセージを署名鍵を使って暗号化することによって、受信者がメッセージの改ざん部位を特定できるようにする。

ウ 送信者が署名鍵を使って署名を作成し、その署名をメッセージに付加することによって、受信者が送信者を確認できるようにする。

エ 送信者が署名鍵を使ってメッセージを暗号化することによって、メッセージの内容を関係者以外に分からないようにする。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 10:20| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年05月29日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問39

問39

SQLインジェクション攻撃の説明はどれか。

ア Webアプリケーションに問題があるとき、悪意のある問合せや操作を行う命令文をWebサイトに入力して、データベースのデータを不正に取得したり改ざんしたりする攻撃

イ 悪意のあるスクリプトを埋め込んだWebページを訪問者に閲覧させて、別のWebサイトで、その訪問者が意図しない操作を行わせる攻撃

ウ 市販されているDBMSの脆弱性を悪用することによって、宿主となるデータベースサーバを探して感染を繰り返し、インターネットのトラフィックを急増させる攻撃

エ 訪問者の入力データをそのまま画面に表示するWebサイトを悪用して、悪意のあるスクリプトを訪問者のWebブラウザで実行させる攻撃




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:29| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年05月28日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問38

問38

非常に大きな数の素因数分解が困難なことを利用した公開鍵暗号方式はどれか。

ア AES

イ DH

ウ DSA

エ RSA




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 19:53| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年05月27日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問37

問37

DNSキャッシュポイズニングに分類される攻撃内容はどれか。

ア DNSサーバのソフトウェアのバージョン情報を入手して、DNSサーバのセキュリティホールを特定する。

イ PCが参照するDNSサーバに偽のドメイン情報を注入して、利用者を偽装されたサーバに誘導する。

ウ 攻撃対象のサービスを妨害するために、攻撃者がDNSサーバを踏み台に利用して再帰的な問合せを大量に行う。

エ 内部情報を入手するために、DNSサーバが保存するゾーン情報をまとめて転送させる。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:21| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年05月26日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問36

問36

ボットネットにおいてC&Cサーバが果たす役割はどれか。

ア 遠隔操作が可能なマルウェアに、情報収集及び攻撃活動を指示する。

イ 電子商取引事業者などに、偽のディジタル証明書の発行を命令する。

ウ 不正なWebコンテンツのテキスト、画像及びレイアウト情報を一元的に管理する。

エ 踏み台となる複数のサーバからの通信を制御し遮断する。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 19:36| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年05月25日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問35

問35

次のIPアドレスとサブネットマスクをもつPCがある。このPCのネットワークアドレスとして、適切なものはどれか。

 IPアドレス:10.170.70.19
 サブネットマスク:255.255.255.240

ア 10.170.70.0

イ 10.170.70.16

ウ 10.170.70.31

エ 10.170.70.255




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:36| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年05月24日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問34

問34

トランスポート層のプロトコルであり、信頼性よりもリアルタイム性が重視される場合に用いられるものはどれか。

ア HTTP  イ IP  ウ TCP  エ UDP




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:41| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年05月23日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問33

問33

IPv4において、インターネット接続用ルータのNAT機能の説明として、適切なものはどれか。

ア インターネットへのアクセスをキャッシュしておくことによって、その後に同じIPアドレスのWebサイトへアクセスする場合、表示を高速化できる機能である。

イ 通信中のIPパケットを検査して、インターネットからの攻撃や侵入を検知する機能である。

ウ 特定の端末宛てのIPパケットだけを通過させる機能である。

エ プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスを相互に変換する機能である。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 08:04| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年05月22日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問32

問32

ネットワーク機器の一つであるスイッチングハブ (レイヤ2スイッチ) の特徴として、適切なものはどれか。

ア LANポートに接続された端末に対して、IPアドレスの動的な割当てを行う。

イ 受信したパケットを、宛先MACアドレスが存在するLANポートだけに転送する。

ウ 受信したパケットを、全てのLANポートに転送 (ブロードキャスト) する。

エ 受信したパケットを、ネットワーク層で分割 (フラグメンテーション) する。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:23| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年05月21日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問31

問31

符号化速度が192kビット/秒の音声データ2.4Mバイトを、通信速度が128kビット/秒のネットワークを用いてダウンロードしながら途切れることなく再生するためには、再生開始前のデータのバッファリング時間として最低何秒間が必要か。

ア 50

イ 100

ウ 150

エ 250




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 06:12| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年05月20日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問30

問30

トランザクション処理プログラムが、データベース更新の途中で異常終了した場合、ロールバック処理によってデータベースを復元する。このとき使用する情報はどれか。

ア 最新のスナップショット情報

イ 最新のバックアップファイル情報

ウ ログファイルの更新後情報

エ ログファイルの更新前情報




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 06:28| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年05月19日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問29

問29

RDBMSの機能によって実現されるトランザクションの性質はどれか。

ア ACID特性

イ 関数従属性

ウ 候補キーの一意性

エ データ独立性




答えはこちら
タグ:RDBMS
posted by ファーストマクロ at 20:05| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年05月18日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問28

問28

UMLを用いて表した図のデータモデルの解釈のうち、適切なものはどれか。

 平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問28

ア 事業部以外の部門が、部門を管理できる。

イ 社員は事業部に所属できる。

ウ 所属する社員がいない部門が存在する。

エ 部門は、いずれかの事業部が管理している。




答えはこちら
タグ:UML
posted by ファーストマクロ at 19:56| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年05月17日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問27

問27

SQL文においてFOREIGN KEY と REFERENCES を用いて指定する制約はどれか。

ア キー制約

イ 検査制約

ウ 参照制約

エ 表明




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 11:59| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年05月16日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問26

問26

クライアントサーバシステムにおいて、利用頻度が高い命令群をあらかじめサーバ上のDBMSに格納しておくことによって、クライアントサーバ間のネットワーク負荷を軽減する仕組みはどれか。

ア 2相コミットメント

イ グループコミットメント

ウ サーバプロセスのマルチスレッド化

エ ストアドプロシージャ




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 09:05| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年05月15日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問25

問25

3次元CGのレンダリングにおける、陰線消去及び陰面消去の説明はどれか。

ア 光源の位置と対象物体への光の当たり具合とを解析し、どのような色・明るさで見えるのかを決定する。

イ 指定された視点から見える部分だけを描くようにする。

ウ 生成された画像について、表示する画面に収まる部分だけを表示する。

エ 物体の表面だけでなく物体の内部や背後に隠れた部分の形状も、半透明表示などによって画像として生成する。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 17:50| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年05月14日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問24

問24

次の方式によって求められるチェックデジットを付加した結果はどれか。ここで、データを7394、重み付け定数を1234、基数を11とする。

〔方式〕

(1) データと重み付け定数の、対応する桁ごとの積を求め、それらの和を求める。

(2) 和を基数で割って、余りを求める。

(3) 基数から余りを減じ、その結果の1の位をチェックデジットとしてデータの末尾に付加する。

ア 73940

イ 73941

ウ 73944

エ 73947




答えはこちら
タグ:重み付け
posted by ファーストマクロ at 19:50| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年05月13日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問23

問23

図に示すディジタル回路と等価な論理式はどれか。ここで、論理式中の“・”は論理積を、“+”は論理和を、は Xの否定を表す。

  平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問23

ア X = A・B + A・B

イ X = A・B +

ウ X = A・・B

エ X = ( + B) ・ (A + )




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 21:05| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年05月12日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問22

問22

アクチュエータの機能として、適切なものはどれか。

ア アナログ電気信号を、コンピュータが処理可能なディジタル信号に変える。

イ キーボード、タッチパネルなどに使用され、コンピュータに情報を入力する。

ウ コンピュータが出力した電気信号を力学的な運動に変える。

エ 物理量を検出して、電気信号に変える。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:30| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年05月11日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問21

問21

コンデンサに蓄えた電荷の有無で情報を記憶するメモリはどれか。

ア EEPROM

イ SDRAM

ウ SRAM

エ フラッシュメモリ




答えはこちら
タグ:メモリ
posted by ファーストマクロ at 19:51| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年03月03日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問20

問20

ページング方式の仮想記憶において、ページフォールトの発生回数を増加させる要因はどれか。

ア 主記憶に存在しないページへのアクセスが増加すること

イ 主記憶に存在するページへのアクセスが増加すること

ウ 主記憶のページのうち、更新されたページの比率が高くなること

エ 長時間アクセスしなかった主記憶のページをアクセスすること




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 19:50| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年03月02日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問19

問19

図のメモリマップで、セグメント2が解放されたとき、セグメントを移動 (動的再配置) し、分散する空き領域を集めて一つの連続領域にしたい。1回のメモリアクセスは4バイト単位で行い、読取り、書込みがそれぞれ30ナノ秒とすると、動的再配置をするために必要なメモリアクセス時間は合計何ミリ秒か。 ここで、1kバイトは1,000バイトとし、動的再配置に要する時間以外のオーバヘッドは考慮しないものとする。

┌──────┬───┬────────┬────────┐
│セグメント1│セグメ│ セグメント3 │   空き   │
│      │ント2│        │        │
└──────┴───┴────────┴────────┘
 500kバイト 100kバイト  800kバイト    800kバイト 

ア 1.5  イ 6.0  ウ 7.5  エ 12.0




答えはこちら
タグ:連続領域
posted by ファーストマクロ at 20:34| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年03月01日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問18

問18

優先度に基づくプリエンプティブなスケジューリングを行うリアルタイムOSで、二つのタスクA、Bをスケジューリングする。Aの方がBより優先度が高い場合にリアルタイムOSが行う動作のうち、適切なものはどれか。

ア Aの実行中にBに起動がかかると、Aを実行可能状態にしてBを実行する。

イ Aの実行中にBに起動がかかると、Aを待ち状態にしてBを実行する。

ウ Bの実行中にAに起動がかかると、Bを実行可能状態にしてAを実行する。

エ Bの実行中にAに起動がかかると、Bを待ち状態にしてAを実行する。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 11:19| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年02月29日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問17

問17

ソフトウェア制御における、ポーリング制御はどれか。

ア CPUが状態レジスタ又はビジー信号などを読み出して、入出力装置の状態を監視する。

イ 実行中の処理を一時的に中断して、緊急度の高い別の処理を実行する。

ウ 送信側のタスクがメモリにデータを格納し、受信側のタスクにそのアドレスを伝える。

エ 複数のタスクが利用する共有資源を、一つのタスクが占有するできるようにする。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 13:22| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年02月28日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問16

問16

メモリリークの説明として、適切なものはどれか。

ア OSやアプリケーションのバグなどが原因で、動作中に確保した主記憶が解放されないことであり、これが発生すると主記憶中の利用可能な部分が減少する。

イ アプリケーションの同時実行数を増やした場合に、主記憶容量が不足し、処理時間のほとんどがページングに費やされ、スループットの極端な低下を招くことである。

ウ 実行時のプログラム領域の大きさに制限があるときに、必要になったモジュールを主記憶に取り込む手法である。

エ 主記憶で利用可能な空き領域の総量は足りているのに、主記憶中に不連続で散在しているので、大きなフログラムをロードする領域が確保できないことである。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 21:00| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年02月27日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問15

問15

MTBFが45時間でMTTRが5時間の装置がある。この装置を二つ直列に接続したシステムの稼働率は幾らか。

ア 0.81  イ 0.90  ウ 0.95  エ 0.99




答えはこちら
タグ:稼働率
posted by ファーストマクロ at 20:03| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年02月26日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問14

問14

社内業務システムをクラウドサービスへ移行することによって得られるメリットはどれか。

ア PaaSを利用すると、プラットフォームの管理やOSのアップデートは、サービスを提供するプロバイダが行うので、導入や運用の負担を軽減することができる。

イ オンプレミスで運用していた社内固有の機能を有する社内業務システムをSaaSで提供されるシステムへ移行する場合、社内固有の機能も移行も容易である。

ウ 社内業務システムの開発や評価で一時的に使う場合、SaaSを利用することによって自由度の高い開発環境が整えられる。

エ 非常に高い可用性が求められる社内業務をIaaSに移行する場合、いずれかのプロバイダも高可用性を保証しているので移行が容易である。




答えはこちら
タグ:クラウド
posted by ファーストマクロ at 19:57| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年02月25日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問13

問13

デュアルシステムの説明として、最も適切なものはどれか。

ア 同じ処理を行うシステムを二重に用意し、処理結果を照合することで処理の正しさを確認する。どちらかのシステムに障害が発生した場合は、縮退運転によって処理を継続する。

イ オンライン処理を行う現用系と、バッチ処理などを行いながら待機させる待機系を用意し、現用系に障害が発生した場合は待機系に切り替え、オンライン処理を続行する。

ウ 待機系に現用系のオンライン処理プログラムをロードして待機させておき、現用系に障害が発生した場合は、即時に待機系に切り替えて処理を続行する。

エ プロセッサ、メモリ、チャネル、電源系などを二重に用意しておき、それぞれの装置で片方に障害が発生した場合でも、処理を継続する。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 19:13| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年02月24日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問12

問12

RAID5の記録方式に関する記述のうち、適切なものはどれか。

ア 複数の磁気ディスクに分散してバイト単位でデータを書き込み、さらに、1台の磁気ディスクにパリティを書き込む。

イ 複数の磁気ディスクに分散してビット単位でデータを書き込み、さらに、複数の磁気ディスクにエラー訂正符号 (ECC) を書き込む。

ウ 複数の磁気ディスクに分散してブロック単位でデータを書き込み、さらに、複数の磁気ディスクに分散してパリティを書き込む。

エ ミラーディスクを構成するために、磁気ディスク2台に同じ内容を書き込む。




答えはこちら
タグ:RAID
posted by ファーストマクロ at 09:01| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2019年10月21日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問11

問11

USB Type-cのプラグ側コネクタの断面図はどれか。ここで、図の縮尺は同一ではない。
平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問11




答えはこちら
タグ:USB
posted by ファーストマクロ at 20:43| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2019年10月20日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問10

問10

外部割込みに分類されるものはどれか。

ア インターバルタイマによって、指定時間が経過した時に生じる割込み

イ 演算結果のオーバフローやゼロによる除算で生じる割込み

ウ 仮想記憶管理において、存在しないページへのアクセスによって生じる割込み

エ ソフトウェア割込み命令の実行によって生じる割込み




答えはこちら
タグ:割込み
posted by ファーストマクロ at 09:11| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2019年10月19日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問9

問9

平均命令実行時間が20ナノ秒のコンピュータがある。このコンピュータの性能は何MIPS か。

ア 5  イ 10  ウ 20  エ 50




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 08:28| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2019年10月18日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問8

問8

Perl の実行に関する記述のうち、適切なものはどれか。

ア UNIX用として開発されており、Windows用の言語処理系はない。

イ 実行にWebサーバを必要とする言語であり、CGIの開発に適している。

ウ 動的デバッグは、言語処理系から独立したプログラムを実行して行う。

エ プログラムをコンパイルしたファイルを事前に用意する必要はない。




答えはこちら
タグ:Perl
posted by ファーストマクロ at 20:55| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2019年10月17日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問7

問7

オブジェクト指向プログラミングにおける、多相性を実現するためのオーバーライドの説明はどれか。

ア オブジェクト内の詳細な仕様や構造を外部から隠蔽すること

イ スーパークラスで定義されたメソッドをサブクラスで再定義すること

ウ 同一クラス内に、メソッド名が同一で、引数の型、個数、並び順が異なる複数のメソッドを定義すること

エ 複数のクラスの共通する性質をまとめて、抽象化したクラスを作ること




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:43| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2019年10月16日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問6

問6

再帰呼出しの説明はどれか。

ア あらかじめ決められた順番ではなく、起きた事象に応じた処理を行うこと

イ 関数の中で自分自身を用いた処理を行うこと

ウ 処理が終了した関数をメモリから消去せず、必要になったとき再び用いること

エ 処理に失敗したときに、その処理を呼び出す直前の状態に戻すこと




答えはこちら
タグ:再帰呼出し
posted by ファーストマクロ at 19:26| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2019年10月15日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問5

問5

A、B、C、Dの順に到着するデータに対して、一つのスタックだけを用いて出力可能なデータ列はどれか。

ア A、D、B、C

イ B、D、A、C

ウ C、B、D、A

エ D、C、A、B




答えはこちら
タグ:スタック
posted by ファーストマクロ at 20:18| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2019年10月14日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問4

問4

図のような黒色で描かれた円に沿って車が走るように、左右の後輪に独立に取り付けられたモータL及びRの回転速度を制御する。センサL及びRは反射型光センサであり、センサが黒色に掛かる比率が大きいと出力値が小さくなり、黒色に掛かる比率が小さいと出力値が大きくなる。この車を円に沿って走行させるためのモータ回転速度の制御方法としてとして、適切なものはどれか。ここで、二つのセンサの出力値が一致するときには、二つのモータの回転速度を初期値に戻すものとする。

 平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問4
  ┌─────────────┬─────────────┐
  │センサL出力値 > センサR│センサL出力値 < センサR│
  │    出力値のとき    │    出力値のとき    │
  ├──────┬──────┼──────┬──────┤
  │ モータL │ モータR │ モータL │ モータR │
  │ 回転速度 │ 回転速度 │ 回転速度 │ 回転速度 │
┌─┼──────┼──────┼──────┼──────┤
│ア│  上げる  │  下げる  │  上げる  │  下げる  │
├─┼──────┼──────┼──────┼──────┤
│イ│  上げる  │  下げる  │  下げる  │  上げる  │
├─┼──────┼──────┼──────┼──────┤
│ウ│  下げる  │  上げる  │  上げる  │  下げる  │
├─┼──────┼──────┼──────┼──────┤
│エ│  下げる  │  上げる  │  下げる  │  上げる  │
└─┴──────┴──────┴──────┴──────┘




答えはこちら
タグ:モータ制御
posted by ファーストマクロ at 08:16| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2019年10月13日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問3

問3

フィードバック制御の説明として、適切なものはどれか。

ア あらかじめ定められた順序で制御を行う。

イ 外乱の影響が出力に現れる前に制御を行う。

ウ 出力結果と目標値を比較して、一致するように制御を行う。

エ 出力結果を使用せず制御を行う。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 08:32| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2019年10月12日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問2

問2

送信側では、ビット列をある生成多項式で割った余りをそのビット列に付加して送信し、受信側では、受信したビット列が同じ生成多項式で割り切れるか否かで誤りの発生を判断する誤り検査方式はどれか。

ア CRC方式

イ 垂直パリティチェック方式

ウ 水平パリティチェック方式

エ ハミング符号方式




答えはこちら
タグ:誤り検査
posted by ファーストマクロ at 08:37| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2019年10月11日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問1

問1

数値を2進数で表すレジスタがある。このレジスタに格納されている正の整数 を10倍にする操作はどれか。ここで、桁あふれは起こらないものとする。

ア  を2ビット左にシフトした値に を加算し、更に1ビット左にシフトする。

イ  を2ビット左にシフトした値に を加算し、更に2ビット左にシフトする。

ウ  を3ビット左にシフトした値と、 を2ビット左にシフトした値を加算する。

エ  を3ビット左にシフトした値に を加算し、更に1ビット左にシフトする。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 21:34| Comment(0) | H29秋基本情報技術者