2019年12月10日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問20

問20

DRAMの特徴はどれか。

ア 書込み及び消去を一括又はブロック単位で行う。

イ データを保持するためのリフレッシュ操作又はアクセス操作が不要である。

ウ 電源が遮断された状態でも、記憶した情報を保持することができる。

エ メモリセル構造が単純なので高集積化することができ、ビット単価を安くできる。




答えはこちら
タグ:メモリ
posted by ファーストマクロ at 20:50| Comment(0) | R01秋基本情報技術者

2019年12月09日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問19

問19

バックアップ方式の説明のうち、増分バックアップはどれか。ここで、最初のバックアップでは、全てのファイルのバックアップを取得し、OSが管理しているファイル更新を示す情報はリセットされるものとする。

ア 最初のバックアップの後、ファイル更新を示す情報があるファイルだけをバックアップし、ファイル更新を示す情報は変更しないでそのまま残しておく。

イ 最初のバックアップの後、ファイル更新を示す情報にかかわらず、全てのファイルをバックアップし、ファイル更新を示す情報はリセットする。

ウ 直前に行ったバックアップの後、ファイル更新を示す情報があるファイルだけをバックアップし、ファイル更新を示す情報はリセットする。

エ 直前に行ったバックアップの後、ファイル更新を示す情報にかかわらず、全てのファイルをバックアップし、ファイル更新を示す情報は変更しないでそのまま残しておく。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 21:39| Comment(0) | R01秋基本情報技術者

2019年12月08日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問18

問18

優先度に基づくプリエンプティブなスケジューリングを行うリアルタイムOSで、二つのタスクA、Bをスケジューリングする。Aの方がBより優先度が高い場合にリアルタイムOSが行う動作のうち、適切なものはどれか。

ア Aの実行中にBに起動がかかると、Aを実行可能状態にしてBを実行する。

イ Aの実行中にBに起動がかかると、Aを待ち状態にしてBを実行する。

ウ Bの実行中にAに起動がかかると、Bを実行可能状態にしてAを実行する。

エ Bの実行中にAに起動がかかると、Bを待ち状態にしてAを実行する。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 09:55| Comment(0) | R01秋基本情報技術者

2019年12月07日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問17

問17

図の送信タスクから受信タスクにT秒間連続してデータを送信する。1秒当たりの送信量をS 、1秒当たりの受信量をRとしたとき、バッファがオーバフローしないバッファサイズLを表す関係式として適切なものはどれか。ここで、受信タスクよりも送信タスクの方が転送速度は速く、次の転送開始までの時間間隔は十分にあるものとする。

┌─────┐  ┌─────┐  ┌─────┐
│送信タスク├─→│バッファ ├─→│受信タスク│
│     │ S│サイズ:L│ R│     │
└─────┘  └─────┘  └─────┘

ア L < (R - S)×T

イ L < (S - R)×T

ウ L ≧ (R - S)×T

エ L ≧ (S - R)×T




答えはこちら
タグ:バッファ
posted by ファーストマクロ at 19:46| Comment(0) | R01秋基本情報技術者

2019年12月06日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問16

問16

2台の処理装置から成るシステムがある。少なくともいずれか一方が正常に動作すればよいときの稼働率と、2台とも正常に動作しなければならないときの稼働率の差は幾らか。ここで、処理装置の稼働率はいずれも0.9とし、処理装置以外の要因は考慮しないものとする。

ア 0.09  イ 0.10  ウ 0.18  エ 0.19




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:31| Comment(0) | R01秋基本情報技術者

2019年12月05日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問15

問15

RAIDの分類において、ミラーリングを用いることで信頼性を高め、障害発生時には冗長ディスクを用いてデータ復元を行う方式はどれか。

ア RAID1

イ RAID2

ウ RAID3

エ RAID4




答えはこちら
タグ:RAID
posted by ファーストマクロ at 20:10| Comment(0) | R01秋基本情報技術者

2019年12月04日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問14

問14

次に示す接続のうち、デイジーチェーンと呼ばれる接続方法はどれか。

ア PCと計測機器とをRS-232Cで接続し、PCとプリンタとをUSBを用いて接続する。

イ Thunderbolt接続ポートが2口ある4Kディスプレイ2台を、PCのThunderbolt接続ポートから1台目のディスプレイにケーブルで接続し、さらに、1台目のディスプレイと2台目のディスプレイとの間をケーブルで接続する。

ウ キーボード、マウス及びプリンタをUSBハブにつなぎ、USBハブとPCとを接続する。

エ 数台のネットワークカメラ及びPCをネットワークハブに接続する。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 21:18| Comment(0) | R01秋基本情報技術者

2019年12月03日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問13

問13

メイン処理、及び表に示す二つの割込みA、Bの処理があり、多重割込みが許可されている。割込みA、Bが図のタイミングで発生するとき、0ミリ秒から5ミリ秒までの間にメイン処理が利用できるCPU時間は何ミリ秒か。ここで、割込み処理の呼出し及び復帰に伴うオーバヘッドは無視できるものとする。
 
 ┌───┬────────┬──────┐
 │割込み│処理時間(ミリ秒)│割込み優先度│
 ├───┼────────┼──────┤
 │ A │   0.5   │   高   │
 ├───┼────────┼──────┤
 │ B │   1.5   │   低   │
 └───┴────────┴──────┘

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問13

ア 2  イ 2.5  ウ 3.5  エ 5




答えはこちら
タグ:割込み
posted by ファーストマクロ at 22:09| Comment(0) | R01秋基本情報技術者

2019年12月02日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問12

問12

1GHzのクロックで動作するCPUがある。このCPUは、機械語の1命令を平均0.8クロックで実行できることが分かっている。このCPUは1秒間に平均何万命令を実行できるか。

ア 125  イ 250  ウ 80,000  エ 125,000




答えはこちら
タグ:クロック
posted by ファーストマクロ at 21:55| Comment(0) | R01秋基本情報技術者

2019年12月01日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問11

問11

自然数nに対して、次のとおり再帰的に定義される関数 f(n) を考える。f(5) の値はどれか。

  f(n) : if n≦1 then return 1 else return n+f(n-1)

ア 6  イ 9  ウ 15  エ 25




答えはこちら
タグ:再帰関数
posted by ファーストマクロ at 08:34| Comment(0) | R01秋基本情報技術者

2019年11月30日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問10

問10

10進法で5桁の数a1a2a3a4a5を、ハッシュ法を用いて配列に格納したい。ハッシュ関数を mod(a1+a2+a3+a4+a5, 13) とし、求めたハッシュ値に対応する位置の配列要素に格納する場合、54321 は配列のどの位置に入るか。ここで、mod(x, 13) は、xを13で割った余りとする。

 位置     配列
   ┌─────────┐
  0 │         │
   ├─────────┤
  1 │         │
   ├─────────┤
  2 │         │
   ├─────────┤
  ︙ │    ︙    │
   ├─────────┤
  11 │         │
   ├─────────┤
  12 │         │
   └─────────┘

ア 1  イ 2  ウ 7  エ 11




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 08:30| Comment(0) | R01秋基本情報技術者

2019年11月29日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問9

問9

配列Aが図2の状態のとき、図1の流れ図を実行すると、配列Bが図3の状態になった。図1のaに入れる操作はどれか。ここで、配列A、Bの要素をそれぞれA(i, j)、B(i, j)とする。

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問9
    図1 流れ図

          j 
    ───────────────→
    0 1 2 3 4 5 6 7 
 │ ┌─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐
 │0│ │*│*│*│*│*│*│ │
 │ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
 │1│ │*│ │ │ │ │ │ │
 │ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
 │2│ │*│ │ │ │ │ │ │
 │ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
 │3│ │*│*│*│*│ │ │ │
i│ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
 │4│ │*│ │ │ │ │ │ │
 │ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
 │5│ │*│ │ │ │ │ │ │
 │ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
 │6│ │*│ │ │ │ │ │ │
 │ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
 │7│ │*│ │ │ │ │ │ │
 ↓ └─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘
    図2 配列Aの状態

          j 
    ───────────────→
    0 1 2 3 4 5 6 7 
 │ ┌─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐
 │0│ │ │ │ │ │ │ │ │
 │ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
 │1│*│*│*│*│*│*│*│*│
 │ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
 │2│ │ │ │ │*│ │ │*│
 │ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
 │3│ │ │ │ │*│ │ │*│
i│ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
 │4│ │ │ │ │*│ │ │*│
 │ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
 │5│ │ │ │ │ │ │ │*│
 │ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
 │6│ │ │ │ │ │ │ │*│
 │ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
 │7│ │ │ │ │ │ │ │ │
 ↓ └─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘
    図3 実行後の配列Bの状態

ア B(7-i, 7-j) ← A(i, j)

イ B(7-j, i) ← A(i, j)

ウ B(i, 7-j) ← A(i, j)

エ B(j, 7-i) ← A(i, j)




答えはこちら
タグ:流れ図
posted by ファーストマクロ at 21:26| Comment(0) | R01秋基本情報技術者

2019年11月28日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問8

問8

A、C、K、S、Tの順に文字が入力される。スタックを利用して、S、T、A、C、Kという順に文字を出力するために、最小限必要となるスタックは何個か。ここで、どのスタックにおいてもポップ操作が実行されたときには必ず文字を出力する。また、スタック間の文字の移動は行わない。

ア 1  イ 2  ウ 3  エ 4




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 21:45| Comment(0) | R01秋基本情報技術者

2019年11月27日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問7

問7

次のBNFで定義される<変数名>に合致するものはどれか。
<数字>::=0|1|2|3|4|5|6|7|8|9
<英字>::=A|B|C|D|E|F
<英数字>::=<英字>|<数字>|_
<変数名>::=<英字>|<変数名><英数字>

ア _B39  イ 246  ウ 3E5  エ F5_1




答えはこちら
タグ:BNF
posted by ファーストマクロ at 15:38| Comment(0) | R01秋基本情報技術者

2019年11月26日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問6

問6

Random(n) は、 0以上n未満の整数を一様な確率で返す関数である。整数型の変数A、B及びCに対して次の一連の手続を実行したとき、Cの値が0になる確率はどれか。

  A = Random(10)
  B = Random(10)
  C = A - B

ア 1/100  イ 1/20  ウ 1/10  エ 1/5




答えはこちら
タグ:確率
posted by ファーストマクロ at 20:32| Comment(0) | R01秋基本情報技術者

2019年11月25日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問5

問5

平均が60、標準偏差が 10の正規分布を表すグラフはどれか。

ア 
令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題

イ 
令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題

ウ 
令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題

エ 
令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題




答えはこちら答えはこちら
タグ:正規分布
posted by ファーストマクロ at 21:55| Comment(0) | R01秋基本情報技術者

2019年11月24日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問4

問4

a 及び b を定数とする関数 f(t) = a / (t+1) 及び g(t) = b / (t2-t) に対して、令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題は、どれか。ここで、 a ≠ 0、 b ≠ 0、t > 1とする。

ア 0  イ 1  ウ b / a  エ ∞




答えはこちら
タグ:極限値
posted by ファーストマクロ at 07:43| Comment(0) | R01秋基本情報技術者

2019年11月23日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問3

問3

ノードとノードの間のエッジの有無を、隣接行列を用いて表す。ある無向グラフの隣接行列が次の場合、グラフで表現したものはどれか。ここで、ノードを隣接行列の行と列に対応させて、ノード間にエッジが存在する場合は1で、エッジが存在しない場合は0で示す。

   a b c d e f
  ┌           ┐
 a│0 1 0 0 0 0│
 b│1 0 1 1 0 0│
 c│0 1 0 1 1 0│
 d│0 1 1 0 0 0│
 e│0 0 1 0 0 1│
 f│0 0 0 0 1 0│
  └           ┘

ア 
令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問2

イ 
令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問2

ウ 令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問2

エ 
令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問2




答えはこちら
タグ:隣接行列
posted by ファーストマクロ at 09:51| Comment(0) | R01秋基本情報技術者

2019年11月22日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問2

問2

8ビットの値の全ビットを反転する操作はどれか。

ア 16進表記 00 のビット列と排他的論理和をとる。

イ 16進表記 00 のビット列と論理和をとる。

ウ 16進表記 FF のビット列と排他的論理和をとる。

エ 16進表記 FF のビット列と論理和をとる。




答えはこちら
タグ:論理和
posted by ファーストマクロ at 20:58| Comment(0) | R01秋基本情報技術者

2019年11月21日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問1

問1

次の流れ図は、10進整数 j (0 < j <100) を8桁の2進数に変換する処理を表している。2進数は下位桁から順に、配列の要素 NISHIN(1) から NISHIN(8) に格納される。流れ図のa及び bに入れる処理はどれか。ここで、j div 2 は j を2で割った商の整数部分を、 j mod 2は i を2で割った余りを表す。
令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問1


   ┌─────────┬─────────┐
   │    a    │    b    │
 ┌─┼─────────┼─────────┤
 │ア│j←j div 2    │NISHIN(k)←j mod 2│
 ├─┼─────────┼─────────┤
 │イ│j←j mod 2    │NISHIN(k)←j div 2│
 ├─┼─────────┼─────────┤
 │ウ│NISHIN(k)←j div 2│j←j mod 2    │
 ├─┼─────────┼─────────┤
 │エ│NISHIN(k)←j mod 2│j←j div 2    │
 └─┴─────────┴─────────┘




答えはこちら
タグ:2進数
posted by ファーストマクロ at 21:07| Comment(0) | R01秋基本情報技術者