2020年05月10日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問80

問80

技術基準適合証明として用いられる技適マークの説明として、適切なものはどれか。

ア EU加盟国で販売する製品が、EUの安全規制に適合していることを証明する。

イ 電波を発する通信機器が、日本の電波法で定められた条件に適合していることを証明する。

ウ 日本国内で販売する電気用品が、日本の電気用品安全法の基準に適合していることを証明する。

エ 米国で設置する通信機器が、米国の規則に適合していることを証明する。




答えはこちら
タグ:技適マーク
posted by ファーストマクロ at 07:36| Comment(0) | R01秋応用情報技術者

2020年05月09日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問79

問79

下請代金支払遅延等防止法において、親事業者の違法となる行為はどれか。

ア 支払期日を、発注したソフトウェアの受領後45日と決めた。

イ ソフトウェア開発の発注書面を、了解を得て電子メールで送った。

ウ 納品され受領したソフトウェアの仕様を変更したいので、返品した。

エ 納品されるソフトウェアに不具合があるので、受領拒否した。




答えはこちら
タグ:下請法
posted by ファーストマクロ at 08:27| Comment(0) | R01秋応用情報技術者

2020年05月08日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問78

問78

プログラムの著作物について、著作権法上、適法である行為はどれか。

ア 海賊版を複製したプログラムと事前に知りながら入手し、業務で使用した。

イ 業務処理用に購入したプログラムを複製し、社内教育用として各部門に配布した。

ウ 職務著作のプログラムを、作成した担当者が独断で複製し、他社に貸与した。

エ 処理速度の向上させるために、購入したプログラムを改変した。




答えはこちら
タグ:著作権
posted by ファーストマクロ at 20:08| Comment(0) | R01秋応用情報技術者

2020年05月07日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問77

問77

損益分岐点分析でA社とB社を比較した記述のうち、適切なものはどれか。

         単位 万円 
      ┌───┬───┐
      │ A社 │ B社 │
 ┌────┼───┼───┤
 │売上高 │ 2,000│ 2,000│
 ├────┼───┼───┤
 │変動費 │  800│ 1,400│
 ├────┼───┼───┤
 │固定費 │  900│  300│
 ├────┼───┼───┤
 │営業利益│  300│  300│
 └────┴───┴───┘

ア 安全余裕率はB社の方が高い。

イ 売上高が両社とも 3,000万円である場合、営業利益はB社の方が高い。

ウ 限界利益率はB社の方が高い。

エ 損益分岐点売上高はB社の方が高い。




答えはこちら
タグ:損益分岐点
posted by ファーストマクロ at 20:02| Comment(0) | R01秋応用情報技術者

2020年05月06日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問76

問76

国際的な標準として取り決められた会計基準などの総称であり、資本市場の国際化に対し、利害関係者からみた会計情報の比較可能性や均質性を担保するものはどれか。

ア GAAP

イ IASB

ウ IFRS

エ SEC




答えはこちら
タグ:国際標準
posted by ファーストマクロ at 08:36| Comment(0) | R01秋応用情報技術者

2020年05月05日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問75

問75

ワークサンプリング法の説明はどれか。

ア 観測回数・観測時刻を設定し、実地観測によって観測された要素作業数の比率などから、統計的理論に基づいて作業時間を見積もる。

イ 作業動作を基本動作にまで分解して、基本動作の時間標準テーブルから、構成される基本動作の時間を合計して作業時間を求める。

ウ 作業票や作業日報などから各作業の実績時間を集計し、作業ごとに平均して標準時間を求める。

エ 実際の作業動作そのものをストップウォッチで数回反復測定して、作業時間を調査する。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 09:13| Comment(0) | R01秋応用情報技術者

2020年05月04日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問74

問74

ビッグデータ分析の手法の一つであるデシジョンツリーを活用してマーケティング施策の判断に必要な事象を整理し、発生確率の精度を向上させた上で二つのマーケティング施策a、bの選択を行う。マーケティング施策を実行した場合の利益増加額 (売上増加額 - 費用) の期待値が最大となる施策と、そのときの利益増加額の期待値の組合せはどれか。

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問74
   ┌──┬────────────┐
   │施策│利益増加額の期待値(億円)│
 ┌─┼──┼────────────┤
 │ア│ a │     70     │
 ├─┼──┼────────────┤
 │イ│ a │     160     │
 ├─┼──┼────────────┤
 │ウ│ b │     82     │
 ├─┼──┼────────────┤
 │エ│ b │     162     │
 └─┴──┴────────────┘




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 09:03| Comment(0) | R01秋応用情報技術者

2020年05月03日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問73

問73

インターネット広告の効果指標として用いられるコンバージョン率の説明はどれか。

ア Webサイト上で広告が表示された回数に対して、その広告がクリックされた回数の割合を示す指標である。

イ Webサイト上の広告から商品購入に至った顧客の1人当たりの広告コストを示す指標である。

ウ Webサイト上の広告に掛けた費用の何倍の収益をその広告から得ることができたかを示す指標である。

エ Webサイト上の広告をクリックして訪れた人のうち会員登録や商品購入などに至った顧客数の割合を示す指標である。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 13:25| Comment(0) | R01秋応用情報技術者

2020年05月02日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問72

問72

フィンテックのサービスの一つであるアカウントアグリゲーションの特徴はどれか。

ア 各金融機関のサービスに用いる、利用者のID・パスワードなどの情報をあらかじめ登録し、複数の金融機関の口座取引情報を一括表示できる。

イ 資金移動業者として登録された企業は、少額の取引に限り、国内・海外送金サービスを提供できる。

ウ 電子手形の受取り側が早期に債権回収することが容易になり、また、必要な分だけ債権の一部を分割して譲渡できる。

エ ネットショップで商品を購入した者に与信チェックを行い、問題がなければ商品代金の立替払いをすることによって、購入者は早く商品を入手できる。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 08:35| Comment(0) | R01秋応用情報技術者

2020年05月01日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問71

問71

RPA (RoboticProcessAutomation) の説明はどれか。

ア ホワイトカラーの単純な間接作業を、ルールエンジンや認知技術などを活用して代行するソフトウェア

イ 自動制御によって、対象物をつかみ、動かす機能や、自動的に移動できる機能を有し、また、各種の作業をプログラムによって実行できる産業用ロボット

ウ 車両の状態や周囲の環境を認識し、利用者が行き先を指定するだけで自律的な走行を可能とするレーダ、GPS、カメラなどの自動運転関連機器

エ 人の生活と同じ空間で安全性を確保しながら、食事、清掃、移動、コミュニケーションなどの生活支援に使用されるロボット




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:10| Comment(0) | R01秋応用情報技術者

2020年04月30日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問70

問70

TLO (Technology Licensing Organization) の役割として、適切なものはどれか。

ア TLO自らが研究開発して取得した特許の、企業へのライセンス

イ 企業から大学への委託研究の問合せ及び申込みの受付

ウ 新規事業又は市場への参入のための、企業の合併又は買収の支援

エ 大学の研究成果の特許化及び企業への技術移転の促進




答えはこちら
タグ:TLO
posted by ファーストマクロ at 20:08| Comment(0) | R01秋応用情報技術者

2020年04月29日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問69

問69

CRMを説明したものはどれか。

ア 卸売業者・メーカが、小売店の経営活動を支援してその売上と利益を伸ばすことによって、自社との取引拡大につなげる方法である。

イ 企業全体の経営資源を有効かつ総合的に計画して管理し、経営の高効率化を図るための手法である。

ウ 企業内の全ての顧客チャネルで情報を共有し、サービスのレベルを引き上げて顧客満足度を高め、顧客ロイヤルティの最大化に結び付ける考え方である。

エ 生産、在庫、購買、販売、物流などの全ての情報をリアルタイムに交換することによって、サプライチェーン全体の効率を大幅に向上させる経営手法である。




答えはこちら
タグ:CRM
posted by ファーストマクロ at 08:00| Comment(0) | R01秋応用情報技術者

2020年04月28日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問68

問68

売手側でのマーケティング要素4Pは,買手側での要素4Cに対応するという考え方がある。4Pの一つであるプロモーションに対応する4Cの構成要素はどれか。

ア 顧客価値 (Customer Value)

イ 顧客コスト (Customer Cost)

ウ コミュニケーション (Communication)

エ 利便性 (Convenience)




答えはこちら
タグ:4C 4P
posted by ファーストマクロ at 21:10| Comment(0) | R01秋応用情報技術者

2020年04月27日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問67

問67

プロダクトポートフォリオマネジメント (PPM) における“花形”を説明したものはどれか。

ア 市場成長率、市場占有率ともに高い製品である。成長に伴う投資も必要とするので、資金創出効果は大きいとは限らない。

イ 市場成長率、市場占有率ともに低い製品である。資金創出効果は小さく、資金流出量も少ない。

ウ 市場成長率は高いが、市場占有率が低い製品である。長期的な将来性を見込むこことはできるが、資金創出効果の大きさは分からない。

エ 市場成長率は低いが、市場占有率は高い製品である。資金創出効果が大きく、企業の支柱となる資金源である。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:02| Comment(0) | R01秋応用情報技術者

2020年04月26日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問66

問66

半導体メーカが行っているファウンドリサービスの説明として、適切なものはどれか。

ア 商号や商標の使用権とともに、一定地域内での商品の独占販売権を与える。

イ 自社で半導体製品の企画、設計から製造までを一貫して行い、それを自社ブランドで販売する。

ウ 製造設備をもたず、半導体製品の企画、設計及び開発を専門に行う。

エ 他社からの製造委託を受けて、半導体製品の製造を行う。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 09:24| Comment(0) | R01秋応用情報技術者

2020年04月25日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問65

問65

共通フレーム2013によれば、要件定義プロセスで行うことはどれか。

ア システム化計画の立案

イ システム方式設計

ウ ソフトウェア詳細設計

エ 利害関係者の識別




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 08:20| Comment(0) | R01秋応用情報技術者

2020年04月24日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問64

問64

定性的な評価項目を定量化するために評価点を与える方法がある。表に示す4段階評価を用いた場合、重み及び4段階評価の結果から評価されたシステム全体の目標達成度は、評価項目が全て目標どおりだった場合の評価点に対し、何%となるか。

 ┌────────┬──┬──────────┐
 │システムの評価項目 │重み│4段階評価の結果  │
 ├────────┼──┼──────────┤
 │省力化効果   │ 5│目標どおり     │
 ├────────┼──┼──────────┤
 │期間の短縮   │ 8│変わらず      │
 ├────────┼──┼──────────┤
 │情報の統合化  │12│部分改善      │
 └────────┴──┴──────────┘
  4段階評価点 3:目標どおり 2:ほぼ目標どおり
         1:部分改善  0:変わらず

ア 27  イ 36  ウ 43  エ 52




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 22:30| Comment(0) | R01秋応用情報技術者

2020年04月23日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問63

問63

オープンデータの説明はどれか。

ア 営利・非営利の目的を問わず二次利用が可能という利用ルールが定められており、編集や加工をする上で機械判読に適し、原則無償で利用できる形で公開された官民データ

イ 行政事務の効率化・迅速化を目的に、国、地方自治体を相互に接続する行政専用のネットワークを通じて利用するアプリケーションシステム内に、安全に保管されたデータ

ウ コンビニエンスストアチェーンの売上データや運輸業者の運送量データなど、事業運営に役立つデータであり、提供元が提供先を限定して販売しているデータ

エ 商用のDBMSに代わりオープンソースのDBMSを用いて蓄積されている企業内の基幹業務データ




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 23:28| Comment(0) | R01秋応用情報技術者

2020年04月22日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問62

問62

TCOの算定に当たって、適切なものはどれか。

ア エンドユーザコンピューティングにおける利用部門の運用費用は考慮しない。

イ システム監査における監査対象データの収集費用や管理費用は考慮しない。

ウ システム障害の発生などによって、その障害とは直接関係のない仕入先企業が被るおそれがある、将来的な損失額も考慮する。

エ 利用部門におけるシステム利用に起因する、埋没原価などの見えない費用も考慮する。




答えはこちら
タグ:TCO
posted by ファーストマクロ at 19:50| Comment(0) | R01秋応用情報技術者

2020年04月21日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問61

問61

BCP の説明はどれか。

ア 企業の戦略を実現するために、財務、顧客、内部ビジネスプロセス、学習と成長という四つの視点から戦略を検討したもの

イ 企業の目標を達成するために業務内容や業務の流れを可視化し、一定のサイクルをもって継続的に業務プロセスを改善するもの

ウ 業務効率の向上、業務コストの削減を目的に、業務プロセスを対象としてアウトソースを実施するもの

エ 事業の中断・阻害に対応し、事業を復旧し、再開し、あらかじめ定められたレベルに回復するように組織を導く手順を文書化したもの




答えはこちら
タグ:BCP
posted by ファーストマクロ at 19:33| Comment(0) | R01秋応用情報技術者