2022年06月15日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問40

問40

Webブラウザのcookieに関する設定と、それによって期待される効果の記述のうち、最も適切なものはどれか。

ア サードパーティcookieをブロックする設定によって、当該Webブラウザが閲覧したWebサイトのコンテンツのキャッシュが保持されなくなり、閲覧したコンテンツが当該Webブラウザのほかの利用者に知られないようになる。

イ サードパーティcookieをブロックする設定によって、当該Webブラウザが複数のWebサイトを閲覧したときにトラッキングされないようになる。

ウ ファーストパーティcookieを承諾する設定によって、当該WebブラウザがWebサイトの改ざんをcookieのハッシュ値を用いて検知できるようになる。

エ ファーストパーティcookieを承諾する設定によって、当該Webブラウザがデジタル証明書の失効情報を入手でき、閲覧中のWebサイトのデジタル証明書の有効性を確認できるようになる。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:26| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年06月13日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問39

問39

メッセージの送受信における署名鍵の使用に関する記述のうち、適切なものはどれか。

ア 送信者が送信者の署名鍵を使ってメッセージに対する署名を作成し、メッセージに付加することによって、受信者が送信者による署名であることを確認できるようになる。

イ 送信者が送信者の署名鍵を使ってメッセージを暗号化することによって、受信者が受信者の署名鍵を使って、暗号文を元のメッセージに戻すことができるようになる。

ウ 送信者が送信者の署名鍵を使ってメッセージを暗号化することによって、メッセージの内容が関係者以外に分からないようになる。

エ 送信者がメッセージに固定文字列を付加し、更に送信者の署名鍵を使って暗号化することによって、受信者がメッセージの改ざん部位を特定できるようになる。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:15| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年06月12日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問38

問38

チャレンジレスポンス認証方式に該当するものはどれか。

ア 固定パスワードを、TLSによる暗号通信を使い、クライアントからサーバに送信して、サーバで検証する。

イ 端末のシリアル番号を、クライアントで秘密鍵を使って暗号化し、サーバに送信して、サーバで検証する。

ウ トークンという機器が自動的に表示する、認証のたびに異なる数字列をパスワードとしてサーバに送信して、サーバで検証する。

エ 利用者が入力したパスワードと、サーバから受け取ったランダムなデータとをクライアントで演算し、その結果をサーバに送信して、サーバで検証する。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 16:20| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年06月11日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問37

問37

サイバーキルチェーンの偵察段階に関する記述として、適切なものはどれか。

ア 攻撃対象企業の公開Webサイトの脆弱性を悪用してネットワークに侵入を試みる。

イ  攻撃対象企業の社員に標的型攻撃メールを送ってPCをマルウェアに感染させ、PC内の個人情報を入手する。

ウ 攻撃対象企業の社員のSNS上の経歴、肩書などを足がかりに、関連する組織や人物の情報を洗い出す。

エ サイバーキルチェーンの2番目の段階をいい、攻撃対象に特化したPDFやドキュメントファイルにマルウェアを仕込む。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 07:56| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年06月07日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問36

問36

複数のシステムやサービスの間で利用されるSAML (Security Assertion Markup Language) はどれか。

ア システムの負荷や動作状況に関する情報を送信するための仕様

イ 脆弱性に関する情報や脅威情報を交換するための仕様

ウ 通信を暗号化し、VPNを実装するための仕様

エ 認証や認可に関する情報を交換するための仕様




答えはこちら
タグ:SSL IPsec SAML TAXII
posted by ファーストマクロ at 00:09| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年06月06日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問35

問35

OpenFlowを使ったSDN (Software-Defined Networking) に関する記述として、適切なものはどれか。

ア インターネットのドメイン名を管理する世界規模の分散データベースを用いて、IPアドレスの代わりに名前を指定して通信できるようにする仕組み

イ 携帯電話網において、回線交換方式ではなく、パケット交換方式で音声通話を実現する方式

ウ ストレージ装置とサーバを接続し、WWN (World Wide Name) によってノードやポートを識別するストレージ用ネットワーク

エ データ転送機能とネットワーク制御機能を論理的に分離し、ネットワーク制御を集中的に行うことを可能にしたアーキテクチャ




答えはこちら
タグ:LTE DNS SAN SDN OpenFlow
posted by ファーストマクロ at 19:53| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年06月05日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問34

問34

IPv4で192.168.30.32/28 のネットワークに接続可能なホストの最大数はどれか。

ア 14  イ 16  ウ 28  エ 30




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 09:53| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年06月03日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問33

問33

UDPを使用しているものはどれか。

ア FTP

イ NTP

ウ POP3

エ TELNET




答えはこちら
タグ:ntp ftp pop3 Telnet UDP
posted by ファーストマクロ at 21:17| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年06月02日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問32

問32

シリアル回線で使用するものと同じデータリンクのコネクション確立やデータ転送を、LAN上で実現するプロトコルはどれか。

ア MPLS

イ PPP

ウ PPPoE

エ PPTP




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:14| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年06月01日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問31

問31

IPv6アドレスの表記として、適切なものはどれか。

ア 2001:db8::3ab::ff01

イ 2001:db8::3ab:ff01

ウ 2001:db8.3ab:ff01

エ 2001.db8.3ab.ff01




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 19:42| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年05月31日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問30

問30

ビッグデータの利用におけるデータマイニングを説明したものはどれか。

ア 蓄積されたデータを分析し、単なる検索だけでは分からない隠れた規則や相関関係を見つけ出すこと

イ データウェアハウスに格納されたデータの一部を、特定の用途や部門用に切り出して、データベースに格納すること

ウ データ処理の対象となる情報を基に規定した、データの構造、意味及び操作の枠組みのこと

エ データを複数のサーバに複製し、性能と可用性を向上させること




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:32| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年05月30日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問29

問29

undo/redo方式を用いた障害回復におけるログ情報の要否として、適切な組合せはどれか。

   ┌─────┬─────┐
   │更新前情報│更新後情報│
 ┌─┼─────┼─────┤
 │ア│  必要  │  必要  │
 ├─┼─────┼─────┤
 │イ│  必要  │  不要  │
 ├─┼─────┼─────┤
 │ウ│  不要  │  必要  │
 ├─┼─────┼─────┤
 │エ│  不要  │  不要  │
 └─┴─────┴─────┘




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:16| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年05月29日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問28

問28

第1、第2、第3正規形とリレーションの特徴 a、b、c の組合せのうち、適切なものはどれか。

a: どの非キー属性も、主キーの真部分集合に対して関数従属しない。
b: どの非キー属性も、主キーに推移的に関数従属しない。
c: 繰返し属性が存在しない。

   ┌─────┬─────┬─────┐
   │第1正規形│第2正規形│第3正規形│
 ┌─┼─────┼─────┼─────┤
 │ア│  a  │  b  │  c  │
 ├─┼─────┼─────┼─────┤
 │イ│  a  │  c  │  b  │
 ├─┼─────┼─────┼─────┤
 │ウ│  c  │  a  │  b  │
 ├─┼─────┼─────┼─────┤
 │エ│  c  │  b  │  a  │
 └─┴─────┴─────┴─────┘




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 09:25| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年05月28日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問27

問27

ANSI/SPARC 3層スキーマモデルにおける内部スキーマの設計に含まれるものはどれか。

ア SQL問合せ応答時間の向上を目的としたインデックスの定義

イ エンティティ間の“1対多”、“多対多”などの関連を明示するE-Rモデルの作成

ウ エンティティ内やエンティティ間の整合性を保つための一意性制約や参照制約の設定

エ データの冗長性を排除し、更新の一貫性と効率性を保持するための正規化




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 09:37| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年05月27日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問26

問26

CAP定理におけるAとPの特性をもつ分散システムの説明として、適切なものはどれか。

ア 可用性と整合性と分断耐性の全てを満たすことができる。

イ 可用性と整合性を満たすが分断耐性を満たさない。

ウ 可用性と分断耐性を満たすが整合性を満たさない。

エ 整合性と分断耐性を満たすが可用性を満たさない。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 21:15| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年05月26日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問25

問25

レイトレーシング法の説明として、適切なものはどれか。

ア スクリーンの全ての画素について、視線と描画の対象となる物体との交点を反射属性や透明属性なども含めて計算し、その中から視点に最も近い交点を選択する。

イ スクリーンの走査線ごとに視点とその走査線を結ぶ走査面を作成し、各走査面と描画の対象となる物体との交差を調べて交差線分を求め、奥行き判定を行うことによって描画する。

ウ 描画の対象となる二つの物体のうち、一方が近くに、もう一方が遠くにあるときに、まず遠くの物体を描いてから近くの物体を重ね書きする。

エ 描画の対象となる物体の各面をピクセルに分割し、ピクセルごとに視点までの距離を計算し、その最小値を作業領域に保持することによって、視点までの距離が最小となる面を求める。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:27| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年05月25日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問24

問24

ユーザインタフェースのユーザビリティを評価するときの、利用者が参加する手法と専門家だけで実施する手法との適切な組みはどれか。

   ┌─────────────┬─────────────┐
   │利用者の立場からの評価手法│専門家の立場からの評価手法│
 ┌─┼─────────────┼─────────────┤
 │ア│アンケート        │回顧法          │
 ├─┼─────────────┼─────────────┤
 │イ│回顧法          │思考発話法        │
 ├─┼─────────────┼─────────────┤
 │ウ│思考発話法        │ヒューリスティック評価法 │
 ├─┼─────────────┼─────────────┤
 │エ│認知的ウォークスルー法  │ヒューリスティック評価法 │
 └─┴─────────────┴─────────────┘




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:09| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年05月24日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問23

問23

マイクロプロセッサの耐タンパ性を向上させる手法として、適切なものはどれか。

ア ESD (Electrostatic Discharge) に対する耐性を強化する。

イ チップ検査終了後に検査用パッドを残しておく。

ウ チップ内部を物理的に解析しようとすると、内部回路が破壊されるようにする。

エ 内部メモリの物理アドレスを整然と配置する。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:56| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年05月23日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問22

問22

アクチュエータの説明として、適切なものはどれか。

ア 与えられた目標量と、センサから得られた制御量を比較し、制御量を目標量に一致させるように操作量を出力する。

イ 位置、角度、速度、加速度、力、温度などを検出し、電気的な情報に変換する。

ウ エネルギー源からのパワーを、回転、直進などの動きに変換する。

エ マイクロフォン、センサなどが出力する微小な電気信号を増幅する。




答えはこちら答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 21:57| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年05月22日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問21

問21

次の方式で画素にメモリを割り当てる640×480のグラフィックLCDモジュールがある。始点 (5,4) から終点 (9,8) まで直線を描画するとき、直線上の x = 7の画素に割り当てられたメモリのアドレスの先頭は何番地か。ここで、画素の座標は (x, y) で表すものとする。

〔方式〕
・メモリは0番地から昇順に使用する。
・1画素は16ビットとする。
・座標 (0,0) から座標 (639,479) までメモリを連続して割り当てる。
・各画素は、x = 0からx軸の方向にメモリを割り当てていく。
・x = 639の次は x = 0とし、yを1増やす。
 令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問21

ア 3847  イ 7680  ウ 7694  エ 8978




答えはこちら
タグ:座標 画素 番地
posted by ファーストマクロ at 12:02| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年05月21日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問20

問20

FPGAの説明として、適切なものはどれか。

ア 電気的に記憶内容の書換えを行うことができる不揮発性メモリ

イ 特定の分野及びアプリケーション用に限定した特定用途向け汎用集積回路

ウ 浮動小数点数の演算を高速に実行する演算ユニット

エ 論理回路を基板上に実装した後で再プログラムできる集積回路




答えはこちら
タグ:FPGA ASIC EEPROM ASSP FPU
posted by ファーストマクロ at 09:21| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年05月20日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問19

問19

複数のクライアントから接続されるサーバがある。このサーバのタスクの多重度が2以下の場合、タスク処理時間は常に4秒である。このサーバに1秒間隔で4件の処理要求が到着した場合、全ての処理が終わるまでの時間はタスクの多重度が1のときと2のときとで、何秒の差があるか。

ア 6  イ 7  ウ 8  エ 9




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:42| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年05月19日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問18

問18

フラグメンテーションに関する記述のうち、適切なものはどれか。

ア 可変長ブロックのメモリプール管理方式では、様々な大きさのメモリ領域の獲得や返却を行ってもフラグメンテーションは発生しない。

イ  固定長ブロックのメモリプール管理方式では、可変長ブロックのメモリプール管理方式よりもメモリ領域の獲得と返却を速く行えるが、フラグメンテーションが発生しやすい。

ウ フラグメンテーションの発生によって、合計としては十分な空きメモリ領域があるにもかかわらず、必要とするメモリ領域を獲得できなくなることがある。

エ メモリ領域の獲得と返却の頻度が高いシステムでは、フラグメンテーションの発生を防止するため、メモリ領域が返却されるたびにガーベジコレクションを行う必要がある。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 19:14| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年05月17日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問17

問17

一つのI2Cバスに接続された二つのセンサがある。それぞれのセンサ値を読み込む二つのタスクで排他的に制御したい。利用するリアルタイムOSの機能として、適切なものはどれか。

ア キュー

イ セマフォ

ウ マルチスレッド

エ ラウンドロビン




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:31| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年05月16日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問16

問16

ジョブ群と実行の条件が次のとおりであるとき、一時ファイルを作成する磁気ディスクに必要な容量は最低何Mバイトか。

〔ジョブ群〕
 令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問17

〔実行の条件〕

(1) ジョブの実行多重度を2とする。

(2) 各ジョブの処理時間は同一であり、他のジョブの影響は受けない。

(3) 各ジョブは開始時に 50Mバイトの一時ファイルを新たに作成する。

(4) 令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問17の関係があれば、ジョブXの開始時に作成した一時ファイルは、 直後のジョブYで参照し、ジョブYの終了時にその一時ファイルを削除する。直後のジョブが複数個ある場合には、最初に生起されるジョブだけが先行ジョブの一時ファイルを参照する。

(5) 令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問17はジョブXの終了時に、ジョブY、ZのようにジョブXと矢印で結ばれる全てのジョブが、上から記述された順に優先して生起されることを示す。

(6) 令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問17は先行するジョブX、Y両方が終了したときにジョブZが生起されることを示す。

(7) ジョブの生起とは実行待ち行列への追加を意味し、各ジョブは待ち行列の順に実行される。

(8) OS のオーバヘッドは考慮しない。

ア 100  イ 150  ウ 200  エ 250




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:35| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年05月15日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問15

問15

2台のプリンタがあり、それぞれの稼働率が0.7と0.6である。この2台のいずれか一方が稼動していて、他方が故障している確率は幾らか。ここで、2台のプリンタの稼動状態は独立であり、プリンタ以外の要因は考慮しないものとする。

ア 0.18  イ 0.28  ウ 0.42  エ 0.46




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 08:24| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年05月14日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問14

問14

MTBFを長くするよりも、MTTRを短くするのに役立つものはどれか。

ア エラーログ取得機能

イ 記憶装置のビット誤り訂正機能

ウ 命令再試行機能

エ 予防保守




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 13:52| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年05月12日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問13

問13

ホットスタンバイシステムにおいて、現用系に障害が発生して待機系に切り替わる契機として、最も適切な例はどれか。

ア 現用系から待機系へ定期的に送信され、現用系が動作中であることを示すメッセージが途切れたとき

イ 現用系の障害をオペレータが認識し、コンソール操作を行ったとき

ウ 待機系が現用系にたまった処理の残量を定期的に監視していて、残量が一定量を上回ったとき

エ 待機系から現用系に定期的にロードされ実行される診断プログラムが、現用系の障害を検出したとき




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:38| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年05月11日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問12

問12

プロセッサ数と、計算処理におけるプロセスの並列化が可能な部分の割合とが、性能向上へ及ぼす影響に関する記述のうち、アムダールの法則に基づいたものはどれか。

ア 全ての計算処理が並列化できる場合、速度向上比は、プロセッサ数を増やしてもある水準に漸近的に近づく。

イ 並列化できない計算処理がある場合、速度向上比は、プロセッサ数に比例して増加する。

ウ 並列化できない計算処理がある場合、速度向上比は、プロセッサ数を増やしてもある水準に漸近的に近づく。

エ 並列化できる計算処理の割合が増えると、速度向上比は、プロセッサ数に反比例して減少する。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 19:33| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年05月09日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問11

問11

8Tバイトの磁気ディスク装置6台を、予備ディスク (ホットスペアディスク) 1台込みのRAID5構成にした場合、実効データ容量は何Tバイトになるか。

ア 24  イ 32  ウ 40  エ 48




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:38| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年05月08日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問10

問10

キャッシュメモリのフルアソシエイティブ方式に関する記述として、適切なものはどれか。

ア キャッシュメモリの各ブロックに主記憶のセットが固定されている。

イ キャッシュメモリの各ブロックに主記憶のブロックが固定されている。

ウ 主記憶の特定の1ブロックに専用のキャッシュメモリが割り当てられる。

エ 任意のキャッシュメモリのブロックを主記憶のどの部分にも割り当てられる。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 09:04| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年05月07日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問9

問9

キャッシュメモリのアクセス時間が主記憶のアクセス時間の 1/30で、ヒット率が95%のとき、実効メモリアクセス時間は、主記憶のアクセス時間の約何倍になるか。

ア 0.03  イ 0.08  ウ 0.37  エ 0.95




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 07:55| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年05月06日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問8

問8

プロセッサの高速化技法の一つとして、同時に実行可能な複数の動作を、コンパイルの段階でまとめて一つの複合命令とし、 高速化を図る方式はどれか。

ア CISC

イ MIMD

ウ RISC

エ VLIW




答えはこちら
タグ:VLIW CISC MIMD RISC
posted by ファーストマクロ at 20:18| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年05月05日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問7

問7

プログラム言語のうち、ブロックの範囲を指定する方法として特定の記号や予約語を用いず、等しい文字数の字下げを用いるという特徴をもつものはどれか。

ア C

イ Java

ウ PHP

エ Python




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 09:10| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年05月04日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問6

問6

再入可能プログラムの特徴はどれか。

ア 主記憶上のどのアドレスから配置しても、実行することができる。

イ 手続の内部から自分自身を呼び出すことができる。

ウ 必要な部分を補助記憶装置から読み込みながら動作する。主記憶領域の大きさに制限があるときに、有効な手法である。

エ 複数のタスクからの呼出しに対して、並行して実行されても、それぞれのタスクに正しい結果を返す。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 11:00| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年05月03日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問5

問5

リストには、配列で実現する場合とポインタで実現する場合とがある。リストを配列で実現した場合の特徴として、適切なものはどれか。ここで、配列を用いたリストは配列に要素を連続して格納することによってリストを構成し、ポインタを用いたリストは要素と次の要素へのポインタを用いることによってリストを構成するものとする。

ア リストにある実際の要素数にかかわらず、リストに入れられる要素の最大個数に対応した領域を確保し、実際には使用されない領域が発生する可能性がある。

イ リストの中間要素を参照するには、リストの先頭から順番に要素をたどっていくことから、要素数に比例した時間が必要となる。

ウ リストの要素を格納する領域の他に、次の要素を指し示すための領域が別途必要となる。

エ リストへの挿入位置が分かる場合には、リストにある実際の要素数にかかわらず、要素の挿入を一定時間で行うことができる。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 07:17| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年05月02日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問4

問4

ハミング符号とは、データに冗長ビットを付加して、1ビットの誤りを訂正できるようにしたものである。ここでは、X1、X2、X3、X4の4ビットから成るデータに、3ビットの冗長ビット P3、P2、P1を付加したハミング符号X1233421を考える。付加したビットP1、P2、P3は、それぞれ
 X1 Θ X3 Θ X4 Θ P1 = 0
 X1 Θ X2 Θ X4 Θ P2 = 0
 X1 Θ X2 Θ X3 Θ P3 = 0
となるように決める。ここで、Θ は排他的論理和を表す。
 ハミング符号 1110011 には1ビットの誤りが存在する。誤りビットを訂正したハミング符号はどれか。
 ※出題上はΘは+の○囲み文字。 便宜上 Θ と表記する。

ア 0110011

イ 1010011

ウ 1100011

エ 1110111




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:08| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年05月01日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問3

問3

M/M/1の待ち行列モデルにおいて、窓口の利用率が25%から40%に増えると、平均待ち時間は何倍になるか。

ア 1.25  イ 1.60  ウ 2.00  エ 3.00




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 08:07| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年04月30日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問2

問2

全体集合S内に異なる部分集合AとBがあるとき、に等しいものはどれか。ここで、A∪BはAとBの和集合、A∩BはAとBの積集合、はSにおけるAの補集合、A−BはAからBを除いた差集合を表す。

ア −B

イ () − (A∩B)

ウ (S−A) ∪ (S−B)

エ S−(A∩B)




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 16:47| Comment(0) | R04春応用情報技術者

2022年04月29日

令和4年度春期 応用情報技術者試験問題 問1

問1

浮動小数点数を、仮数部が7ビットである表示形式のコンピュータで計算した場合、情報落ちが発生しないものはどれか。ここで、仮数部が7ビットの表示形式とは次のフォーマットであり、( )2内は2進数、Yは指数である。また、{ } 内を先に計算するものとする。

 (1.X1X2X3X4X5X6X7)2×2Y

ア {(1.1)2×2-3 + (1.0)2×2-4} + (1.0)2×25

イ {(1.1)2×2-3 − (1.0)2×2-4} + (1.0)2×25

ウ {(1.0)2×25 + (1.0)2×2-3} + (1.0)2×2-4

エ {(1.0)2×25 − (1.0)2×2-4} + (1.0)2×2-3




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 17:13| Comment(0) | R04春応用情報技術者