2018年03月31日

平成29年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 T−1

T−1
システムの仕様化、分析、設計、妥当性確認や検証に利用するために
策定されたモデリング言語としてSysMLがある。SysMLとその活用に関する
次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

 @ SysMLのブロック図のブロックは、UMLのクラス図のクラスと異なり、
   利用者独自の区画を設けることができる。
 A システム上に現れる構成要素や値の間の制約を表すために
   パラメトリック図がある。計算式を使って複数の要素間の制約を求める
   制約プロパティを表現し、システムの構成要素が満たすべき制約を
   表すことができる。
 B SysMLは、機械/電気/制御/ソフトといった分野を横断するシステムズ
   エンジニアリングにおいて、モデルを統合する際に使われる。
 C SysMLモデルを用いてシステムズエンジニアリングを進める方法は、
   MBD (モデルベースデザイン) と呼ばれる。
 D SysMLの言語仕様は、UMLの言語仕様をそのまま用いた部分、
   UMLの言語仕様の一部を再利用した部分、及び、SysMLのために
   新たに拡張した部分から構成される。



続きを読む
タグ:Sysml
posted by ファーストマクロ at 09:30| Comment(0) | H29技術士二次試験(情報工学)

2018年03月30日

平成29年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−35

V−35
レスポンシブWebデザインに関する次の記述のうち、最も
適切なものはどれか。

 @ Webブラウザに実装されたJavaScript の非同期
   通信を使って、Webページをリフレッシュしないで
   画面を更新するWebアプリケーションのデザインである。
 A Webページの見た目のデザインやレイアウトを定義
   するスタイルシートのデザインである。
 B Webページに含まれる要素やデータを操作する
   アプリケーションインターフェースである。
 C Webページで掲示板やお問合せフォームなどを利用
   するときに、サーバ上のプログラムを起動させる仕組み
   である。
 D Webページを表示する機器や画面サイズ、閲覧ソフト
   などに関係なくシングルソースで、最適なレイアウトに
   変化させるデザイン手法である。



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 21:36| Comment(0) | H29技術士一次試験(情報工学)

2018年03月29日

文字をセンタリング(中央揃え)する

今回は文字をセンタリングする方法を紹介します。
いろいろ方法がありますが、どの方法でも結果は同じです。

@中央揃えしたい行をマウスでクリックします。

【方法1】
Aリボンの『
ホーム』 → 『中央揃え』のアイコンをクリックします。
 imageWORD027-1.jpg

【方法2】
Aキーボードで 『
Ctrl + E』 を押します。

【方法3】
Aリボンの『ホーム』 の「
段落」グループの 右下のアイコンを押します。
 imageWORD027-2.jpg

B『
インデントと行間隔』のタブの中の「配置(G)」から
  「
中央揃え」を選択し『OK』ボタンを押します。
 imageWORD027-3.jpg

【方法4】
A中央揃えしたい行をマウスの右ボタンでクリックします。
B『
段落(P)』を選択します。
Cインデントと行間隔』のタブの中の「配置(G)」から
  「
中央揃え」を選択し『OK』ボタンを押します。

  ※方法3の手順Bの図を参照。




WORD・EXCEL裏技・実践技教えます。
  
〜筆者のHP

タグ:中央揃え
posted by ファーストマクロ at 10:02| Comment(0) | WORD Tips

2018年03月28日

平成29年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−34

V−34
TCP/IPに関する次の記述のうち、最も適切なものは
どれか。

 @ ARPにより解決されたアドレス情報はキャッシュ
   されるが、一定時間が経過すると廃棄される。
 A TCPはコネクションレス型プロトコルで、1対1
   双方向の信頼できる仮想的な伝送路を提供する。
 B UDPはコネクション型プロトコルで、1対多通信で
   あるマルチキャストやブロードキャストなどの利用が
   期待できる。
 C ネットワーク層は、OSI参照モデルにおいてプレゼン
   テーション層とトランスポート層との間に位置する。
 D ポート番号は、TCPがアプリケーションプログラムを
   区別する識別子であってUDPでは使われない。



続きを読む
タグ:TCP/IP
posted by ファーストマクロ at 00:40| Comment(0) | H29技術士一次試験(情報工学)

2018年03月27日

入力モードの切替え

ABCD のように半角で入力する「半角モード」と
あいうえおのように全角で入力する「ひらがなモード」を
キーボーで切り替えることができます。
 ※下図の(A)が半角変換モード,(B)がひらがなモード です。
  (A)入力モードの切替え
  (B)入力モードの切替え

 ※言語バーが表示されていないときは、
 コントロールパネルの『
言語』→『詳細設定』→
 「入力方式の切り替え」の「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを表示する」
 にチェックを入れる必要がります。
 入力モードの切替え

さて、切り替える方法ですが、
キーボードの「
半角/全角」を押すだけです。
 ※もし、切り替えられなかった場合は、「
ALT」+「半角/全角」を
   押してみてください。

面倒くさいけど、言語バーの[A]とか[あ]の上をマウスでクリックして
ひらがな(H) を選ぶとひらがなモード
半角英数(D) を選ぶと、半角モード
という方法もあります。

キーボードの「
半角/全角」のボタンで入力モードを切り替えることが
できるようになると、例えば
××市1丁目2番3 マンションABC 456号室
のような住所を比較的、時間をかけずに入力できます。




WORD・EXCEL裏技・実践技教えます。
  
〜筆者のHP

タグ:IME
posted by ファーストマクロ at 07:03| Comment(0) | EXCEL Tips

2018年03月26日

3,4桁目が“AA”のデータだけを合計する

次のような表で、
 3,4桁目が“AA”のデータだけを合計する

例えば3、4桁目が”AA”の商品の売上合計を知りたいような場合、
次のようにして、求めることができます。

@セルB10に次のような式を入力し、
Ctrl + Shift + Enterを押します。
 
=SUM(IF(MID(A2:A8,3,2)="AA",B2:B8))
 ※式が{ }で括られます。
 3,4桁目が“AA”のデータだけを合計する

これだけです。

ちなみに、C2のセルに
= MID(A2,3,2) と入力し、
その後C8のセルまでコピーして、
 C10のセルに 
=SUMIF(C2:C8,"AA",B2:B8)
と入力する方法もあります。



WORD・EXCEL裏技・実践技教えます。
  
〜筆者のHP

posted by ファーストマクロ at 00:03| Comment(0) | EXCEL Tips

2018年03月25日

外字の入力

外字の作成 (WORD Tips025) で作成した外字を入力する方法です。

@「がいじ」とひらがなで入力し、確定する前に、F5キーを押します。
A一覧から外字をマウスで選択します。
 外字の入力




WORD・EXCEL裏技・実践技教えます。
  
〜筆者のHP

タグ:外字
posted by ファーストマクロ at 00:59| Comment(0) | WORD Tips

2018年03月24日

外字の作成

外字を作成すると自分だけのオリジナルマークや、
「あ」に点々を打って 外字の作成
のような文字を入力することができます。

但し、いろいろと欠点があります。
 ・外字を作成したパソコンでないと、読めない。
  ということは、外字を使って入力した文書を、メールで添付して
  相手に送信してもなんにも見えない。
 ・外字を使って、直接メールしても相手側で見られない
 ・もしオフィスや学校のパソコンで外字を使っていると、
  自宅のパソコンで作った外字を文書オフィスや学校の
  パソコンで見ると、外字が全く別の文字になる時がある。
 ・将来、外字のコード体系が変わったとき、不自由する。
 ・
Windows10では外字が削除できないバグがある。
 
要はパソコンで外字を作っても、基本的にはそのパソコンでしか見られない!
ということです。

あまりお勧めはできませんが
今回はそれを前提として、簡単な外字の作り方を紹介します。

続きを読む
タグ:外字
posted by ファーストマクロ at 08:18| Comment(0) | WORD Tips

2018年03月23日

平成29年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−33

V−33
IPネットワークのルーティングプロトコルの1つである
OSPFに関する次の記述のうち、最も不適切なものは
どれか。

 @ 各ルータがネットワーク構成を把握していることにより、
   ネットワーク構成が変化した際に、素早くルーティング
   テーブルを再構築することができる。
 A 各ルータがリンクステートの情報に基づいて作成する
   ネットワーク構成表を、リンクステートデータベースと
   呼ぶ。
 B ネットワークをエリアと呼ぶ論理的な単位に細分化して
   運用管理できる仕組みが備わっている。
 C 目的地までのホップ数 (経由するルータの数) を距離と
   考え、目的のネットワークまで最もホップ数の少ない
   経路でパケットが配送される。
 D リンクステートには、各ルータがどのリンクにどのように
   接続しているかという情報が書いてある。



続きを読む
タグ:OSPF
posted by ファーストマクロ at 22:10| Comment(0) | H29技術士一次試験(情報工学)

2018年03月22日

平成29年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−32

V−32
情報通信における認証方式の1つであるS/KEYに
関する記述のうち、最も適切なものはどれか。

 @ IPパケットフィルタリング機能を拡張し、認証へッダ、
   パケット暗号化、鍵管理システムを実装してデータを
   カプセル化する。
 A MD5などのメッセージダイジェスト規格を使用し、
   種と呼ばれる文字列とユーザが秘密に保持するパス
   フレーズからワンタイムパスワードを生成する。
 B PKI (Public Key Infrastructure) の仕組みを利用して
   通信相手の公開建の正当性を認証しながら、セッション
   鍵方式で暗号化通信を行う。
 C ハッシュ関数を暗号方式として用いたチャレンジ/
   レスポンス方式を使用して、パスワードを暗号化して
   エンティティ認証を行う。
 D ユーザIDとパスワードの組をそのまま文字列で転送し、
   アクセスサーバや認証サーバでユーザ認証する。



続きを読む
タグ:S/KEY
posted by ファーストマクロ at 00:33| Comment(0) | H29技術士一次試験(情報工学)