2018年09月07日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問57

問57
サーバに接続されたディスクのデータのバックアップに
関する記述のうち、最も適切なものはどれか。

 ア 一定の期間を過ぎて利用頻度が低くなった
   データは、現在のディスクから消去するととも
   に、バックアップしておいたデータも消去する。
 イ システムの本稼働開始日に全てのデータをバック
   アップし、それ以降は作業時間を短縮するために、
   更新頻度が高いデータだけをバックアップする。
 ウ 重要データは、バックアップの媒体を取り違え
   ないように、同一の媒体に上書きでバックアップ
   する。
 エ 複数のファイルに分散して格納されているデータ
   は、それぞれのファイルへの一連の更新処理が
   終了した時点で、バックアップする。



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 22:02| Comment(0) | H30春基本情報技術者

2018年09月06日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問56

問56
サービスデスク組織の構造とその特徴のうち、ローカル
サービスデスクのものはどれか。

 ア サービスデスクを1拠点又は少数の場所に集中
   することによって、サービス要員を効率的に配置
   したり、大量のコールに対応したりすることが
   できる。
 イ サービスデスクを利用者の近くに配置することに
   よって、言語や文化が異なる利用者への対応、
   専門要員によるVIP対応などができる。
 ウ サービス要員が複数の地域や部門に分散してい
   ても、通信技術の利用によって単一のサービス
   デスクであるかのようにサービスが提供できる。
 エ 分散拠点のサービス要員を含めた全員を中央
   で統括して管理することによって、統制のとれた
   サービスが提供できる。


続きを読む
posted by ファーストマクロ at 21:44| Comment(0) | H30春基本情報技術者

2018年09月05日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問55

問55
ITサービスマネジメントにおける問題管理で実施
する活動のうち、事前予防的な活動はどれか。

 ア インシデントの発生傾向を分析して、将来の
   インシデントを予防する方策を提案する。
 イ 検出して記録した問題を分類して、対応の優先
   順位を設定する。
 ウ 重大な問題に対する解決策の有効性を評価する。
 エ 問題解決後の一定期間、インシデントの再発の
   有無を監視する。



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 21:11| Comment(0) | H30春基本情報技術者

2018年09月04日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問54

問54
あるソフトウエアにおいて、機能の個数と機能の複雑度に
対する重み付け係数は表のとおりである。このソフトウェア
のファンクションポイントは幾らか。ここで、ソフトウェア全体的
な複雑さの補正係数は0.75とする。

 ┌─────────────┬──┬──────┐
 │ユーザファンクションタイプ│個数│重み付け係数│
 ├─────────────┼──┼──────┤
 │外部入力         │ 1 │   4  │
 ├─────────────┼──┼──────┤
 │外部出力         │ 2 │   5  │
 ├─────────────┼──┼──────┤
 │内部論理ファイル     │ 1 │  10  │
 └─────────────┴──┴──────┘

 ア 18  イ 24  ウ 30  エ 32



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 00:11| Comment(0) | H30春基本情報技術者

2018年09月03日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問53

問53
システム開発において、工数 (人月) と期間 (月) の
関係が次の近似式で示されるとき、工数が4、096人月
のときの期間は何か月か。

 期間 = 2.5 × 工数1/3

 ア 16  イ 40  ウ 64  エ 160


続きを読む
タグ:工数
posted by ファーストマクロ at 00:32| Comment(0) | H30春基本情報技術者

2018年09月02日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問52

問52
あるプロジェクトの工数配分は表のとおりである。基本
設計からプログラム設計までは計画どおり終了した。
現在はプログラミング段階であり、3、000本のプログラム
のうち1、200本が完成したところである。プロジェクト
全体の進捗度は何%か。ここで、各プログラムの開発
工数は、全て等しいものとする。

┌─────┬─────┬──────┬─────┬─────┐
│ 基本設計 │ 詳細設計 │プログラム設計 │プログラミング│ テスト │
├─────┼─────┼──────┼─────┼─────┤
│ 0.08 │ 0.16 │ 0.20 │ 0.25 │ 0.31 │
└─────┴─────┴──────┴─────┴─────┘

 ア 40  イ 44  ウ 54  エ 59


続きを読む
タグ:工数配分
posted by ファーストマクロ at 00:05| Comment(0) | H30春基本情報技術者

2018年09月01日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問51

問51
図のアローダイアグラムにおいて、プロジェクト全体の
期間を短縮するために、作業A〜Eの幾つかを1日
ずつ短縮する。プロジェクト全体の期間を2日短縮
できる作業の組みはどれか。

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問51

 ア A、C、E
 イ A、D
 ウ B、C,E
 エ B、D


続きを読む
posted by ファーストマクロ at 09:57| Comment(0) | H30春基本情報技術者

2018年08月31日

1年後の日付けを求める関数


1年後の日付や、Nか月後の日付を求める関数を紹介します。
=EDATE() 関数です。

2020年2月29日のような、うるう年にも対応できます。

@A1のセルに今日の日付を入れます。
AB1のセルに
 
=EDATE(A1,12)
 と入力します。
 ※意味はA1のセルの日付に12ヶ月を加えた日を求めるということです。
   3ヵ月後の日付を求めるには、
=EDATE(A1,3) と入力します。
BB1のセルの書式を日付にしてください。

 1年後の日付けを求める関数


※セルの書式を日付にするには、リボンの『
ホーム』→『書式』を選んで
 『
セルの書式設定(E)』を選択するか、
 対象のセル(今回の場合はB1)を選択し、マウスの右ボタンをクリックして、
 『
セルの書式設定(F)』を選択します。
 1年後の日付けを求める関数

 『
表示形式』タブの『分類(C)』の中か『「日付』を選択します。
1年後の日付けを求める関数



WORD・EXCEL裏技・実践技教えます。
  
〜筆者のHP

タグ:EDATE
posted by ファーストマクロ at 00:10| Comment(0) | EXCEL Tips

2018年08月30日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問50

問50
エクストリームプログラミング (XP:eXtreme Programing)
のプラクティスのうち、プログラミング開発において、相互に
役割を交替し、チェックし合うことによって、コミュニケーション
を円滑にし、プログラムの品質向上を図るものはどれか。

 ア 計画ゲーム
 イ コーディング標準
 ウ テスト駆動開発
 エ ペアプログラミング



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 00:03| Comment(0) | H30春基本情報技術者

2018年08月29日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問49

問49
プログラムの流れ図で示される部分に関するテスト
データを、判定条件網羅 (decision coverage) に
よって設定した。このテストデータを複数条件網羅
(multiple condition coverage) による設定に変更
するとき、加えるべきテストデータのうち、適切なものは
どれか。ここで、( ) で囲んだ部分は、一組みのテスト
データを表すものとする。

 平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問49

・判定条件網羅によるテストデータ
  (A = 4、B = 1)、(A = 5、B = 0)

 ア (A = 3、B = 0)、(A = 7、B = 2)
 イ (A = 3、B = 2)、(A = 8、B = 0)
 ウ (A = 4、B = 0)、(A = 8、B = 0)
 エ (A = 7、B = 0)、(A = 8、B = 2)


続きを読む
タグ:条件網羅
posted by ファーストマクロ at 20:14| Comment(0) | H30春基本情報技術者