2018年01月13日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問53

問53
次のプレシデンスダイアグラムで表現されたプロジェクト
スケジュールネットワーク図を、アローダイアグラムに
書き直したものはどれか。ここで、プレシデンスダイア
グラムの依存関係は全てFS関係とする。

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問53

 ア
平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問53

 イ
平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問53

 ウ
平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問53

 エ
平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問53



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 09:44| Comment(0) | H29秋応用情報技術者

2018年01月12日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問52

問52
プロジェクト管理においてパフォーマンス測定に使用する
EVMの管理対象の組みはどれか。

 ア コスト、スケジュール
 イ コスト、リスク
 ウ スケジュール、品質
 エ 品質、リスク



続きを読む
タグ:EVM
posted by ファーストマクロ at 22:39| Comment(0) | H29秋応用情報技術者

2018年01月11日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問51

問51
ソフトウェア開発プロジェクトで行う構成管理の対象項目
はどれか。

 ア 開発作業の進捗状況
 イ 成果物に対するレビューの実施結果
 ウ プログラムのバージョン
 エ プロジェクト組織の編成



続きを読む
タグ:構成管理
posted by ファーストマクロ at 20:56| Comment(0) | H29秋応用情報技術者

2018年01月10日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問50

問50
アジャイル開発におけるプラクティスの一つである
バーンダウンチャートはどれか。ここで、図中の破線は
予定又は予想を、実線は実績を表す。

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問50



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 00:01| Comment(0) | H29秋応用情報技術者

2018年01月09日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問49

問49
CMMI の説明はどれか。

 ア ソフトウェア開発組織及びプロジェクトの
   プロセスの成熟度を評価するためのモデルである。
 イ ソフトウェア開発のプロセスモデルの一種である。
 ウ ソフトウェアを中心としたシステム開発及び
   取引のための共通フレームのことである。
 エ プロジェクトの成熟度に応じてソフトウェア
   開発の手順を定義したモデルである。



続きを読む
タグ:CMMI
posted by ファーストマクロ at 21:29| Comment(0) | H29秋応用情報技術者

2018年01月08日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問48

問48
アジャイル開発のプラクティスのうち、回帰テストを
行うことを前提とするものはどれか。

 ア 日次ミーティング   イ ふりかえり
 ウ ペアプログラミング  エ リファクタリング



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 20:26| Comment(0) | H29秋応用情報技術者

2018年01月07日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問47

問47
テストで使用されるスタブ又はドライバの説明のうち、
適切なものはどれか。

 ア スタブは、テスト対象モジュールからの戻り値を
   表示・印刷する。
 イ スタブは、テスト対象モジュールを呼び出す
   モジュールである。
 ウ ドライバは、テスト対象モジュールから呼び出
   されるモジュールである。
 エ ドライバは、引数を渡してテスト対象モジュールを
   呼び出す。




続きを読む
タグ:テスト
posted by ファーストマクロ at 09:26| Comment(0) | H29秋応用情報技術者

2018年01月06日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問46

問46
モジュール設計に関する記述のうち、モジュール強度
(結束性) が最も強いものはどれか。

 ア ある木構造データを扱う機能をこのデータとともに
   一つにまとめ、木構造データをモジュールの外から
   見えないようにした。
 イ 複数の機能のそれぞれに必要な初期設定の操作が、
   ある時点で一括して実行できるので、一つの
   モジュールにまとめた。
 ウ 二つの機能A、Bのコードは重複する部分が
   多いので、A、Bを一つのモジュールにまとめ、
   A、Bの機能を使い分けるための引数を設けた。
 エ 二つの機能A、Bは必ずA、Bの順番に実行され、
   しかもAで計算した結果をBで使うことがあるので、
   一つのモジュールにまとめた。



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 09:42| Comment(0) | H29秋応用情報技術者

2018年01月05日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問45

問45
WAFの説明はどれか。

 ア Webアプリケーションへの攻撃を監視し阻止する。
 イ Webブラウザの通信内容を改ざんする攻撃を
   PC内で監視し検出する。
 ウ サーバのOSへの不正なログインを監視する。
 エ ファイルのマルウェア感染を監視し検出する。



続きを読む
タグ:waf
posted by ファーストマクロ at 00:03| Comment(0) | H29秋応用情報技術者

2018年01月04日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問44

問44
ICカードの耐タンパ性を高める対策はどれか。

 ア ICカードとICカードリーダとが非接触の状態で
   利用者を認証して、利用者の利便性を高める
   ようにする。
 イ 故障に備えてあらかじめ作成した予備のICカードを
   保管し、故障時に直ちに予備カードに交換して
   利用者がICカードを使い続けられるようにする。
 ウ 信号の読出し用プローブの取付けを検出すると
   ICチップ内の保存情報を消去する回路を設けて、
   ICチップ内の情報を容易に解析できないようにする。
 エ 利用者認証にICカードを利用している業務システムに
   おいて、退職者のICカードは業務システム側で利用を
   停止して、他の利用者が使用できないようにする。



続きを読む
タグ:耐タンパ性
posted by ファーストマクロ at 09:22| Comment(0) | H29秋応用情報技術者