2020年03月27日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問37

問37

インターネットとの接続において、ファイアウォールのNAPT機能によるセキュリティ上の効果はどれか。

ア DMZ上にある公開Webサーバの脆弱性を悪用する攻撃から防御できる。

イ インターネットから内部ネットワークへの侵入を検知し、検知後の通信を遮断できる。

ウ インターネット上の特定のWebサービスを利用するHTTP通信を検知し、遮断できる。

エ 内部ネットワークからインターネットにアクセスする利用者PCについて、インターネットからの不正アクセスを困難にすることができる。




答えはこちら
タグ:NAPT
posted by ファーストマクロ at 20:38| Comment(0) | R01秋応用情報技術者

2020年03月26日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問36

問36

IPv6において、拡張ヘッダを利用することによって実現できるセキュリティ機能はどれか。

ア URLフィルタリング

イ 暗号化通信機能

ウ 情報漏えい検知機能

エ マルウェア検知機能




答えはこちら
タグ:拡張ヘッダ
posted by ファーストマクロ at 20:02| Comment(0) | R01秋応用情報技術者

2020年03月25日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問35

問35

TCP/IP ネットワークのフォワードプロキシに関する説明のうち、最も適切なものはどれか。

ア Webサーバと同一の組織内 (例えば企業内) にあって、Webブラウザからのリクエストに対してWebサーバの代理として応答する。

イ Webブラウザと同一の組織内 (例えば企業内) になければならない。

ウ Webブラウザの代理として、Webサーバに対するリクエストを送信する。

エ 電子メールをインターネット上の複数のサーバを経由して転送する。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:05| Comment(0) | R01秋応用情報技術者

2020年03月24日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問34

問34

IPv6アドレスの表記として、適切なものはどれか。

ア 2001:db8::3ab::ff01

イ 2001:db8::3ab:ff01

ウ 2001:db8.3ab:ff01

エ 2001.db8.3ab.ff01




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:35| Comment(0) | R01秋応用情報技術者

2020年03月23日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問33

問33

TCP/IPネットワークで使用されるARPの説明として、適切なものはどれか。

ア IPアドレスからMACアドレスを得るためのプロトコル

イ IPアドレスからホスト名 (ドメイン名) を得るためのプロトコル

ウ MACアドレスからIPアドレスを得るためのプロトコル

エ ホスト名 (ドメイン名) からIPアドレスを得るためのプロトコル




答えはこちら
タグ:ARP
posted by ファーストマクロ at 21:00| Comment(0) | R01秋応用情報技術者

2020年03月22日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問32

問32

イーサネットで使用されるメディアアクセス制御方式であるCSMA/CDに関する記述として、適切なものはどれか。

ア それぞれのステーションがキャリア検知を行うとともに、送信データの衝突が起きた場合は再送する。

イ タイムスロットと呼ばれる単位で分割して、同一周波数において複数の通信を可能にする。

ウ データ送受信の開始時にデータ送受信のネゴシエーションとして RTS/CTS方式を用い、受信の確認はACKを使用する。

エ 伝送路上にトークンを巡回させ、トークンを受け取った端末だけがデータを送信できる。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 06:54| Comment(0) | R01秋応用情報技術者

2020年03月21日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問31

問31

VoIP通信において8kビット/秒の音声符号化を行い、パケット生成周期が10ミリ秒のとき、1パケットに含まれる音声ペイロードは何バイトか。

ア 8  イ 10  ウ 80  エ 100




答えはこちら
タグ:VOIP
posted by ファーストマクロ at 09:25| Comment(0) | R01秋応用情報技術者

2020年03月20日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問30

問30

分散トランザクション管理において、複数サイトのデータベースを更新する場合に用いられる2相コミットプロトコルに関する記述のうち、適切なものはどれか。

ア 主サイトが一部の従サイトからのコミット準備完了メッセージを受け取っていない場合、コミット準備が完了した従サイトに対してだけコミット要求を発行する。

イ 主サイトが一部の従サイトからのコミット準備完了メッセージを受け取っていない場合、全ての従サイトに対して再度コミット準備要求を発行する。

ウ 主サイトが全ての従サイトからコミット準備完了メッセージを受け取った場合、全ての従サイトに対してコミット要求を発行する。

エ 主サイトが全ての従サイトに対してコミット準備要求を発行した場合、従サイトは、コミット準備が完了したときだけ応答メッセージを返す。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 07:00| Comment(0) | R01秋応用情報技術者

2020年03月19日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問29

問29

データベースに媒体障害が発生したときのデータベースの回復法はどれか。

ア 障害発生時、異常終了したトランザクションをロールバックする。

イ 障害発生時点でコミットしていたがデータベースの実更新がされていないトランザクションをロールフォワードする。

ウ 障害発生時点でまだコミットもアボートもしていなかった全てのトランザクションをロールバックする。

エ バックアップコピーでデータベースを復元し、バックアップ取得以降にコミットした全てのトランザクションをロールフォワードする。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 23:20| Comment(0) | R01秋応用情報技術者

2020年03月18日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問28

問28

RDBMSのロックに関する記述のうち、適切なものはどれか。ここで、X、Yはトランザクションとする。

ア XがA表内の特定行aに対して共有ロックを獲得しているときは、YはA表内の別の特定行bに対して専有ロックを獲得することができない。

イ XがA表内の特定行aに対して共有ロックを獲得しているときは、YはA表に対して専有ロックを獲得することができない。

ウ XがA表に対して共有ロックを獲得しているときでも、YはA表に対して専有ロックを獲得することができる。

エ XがA表に対して専有ロックを獲得しているときでも、YはA表内の特定行aに対して専有ロックを獲得することができる。




答えはこちら
タグ:ロック
posted by ファーストマクロ at 20:40| Comment(0) | R01秋応用情報技術者